【大日本】巡業バス、トラック2台が故障で「今までにないピンチ」とトラック募金を実施

11日、大日本プロレスは後楽園ホール大会前に会見を行った。

登坂社長が旗揚げ25周年にして「今までにないピンチ」と巡業バス、トラック2台が故障して危機的な状況である事を語った。

昨年に巡業バスとトラックが故障してしまい廃車となってしまった事は選手のSNS等で知られていたが、残りの1台のトラックも8日(土)に故障してしましまい、現状では修理ができるかどうかも分からない状態であるそう。

大日本プロレスでは巡業の際には、巡業バス、リングトラック、演出・グッズ・デスマッチの廃棄物などを運ぶ3台で行っており現在はレンタカーで対処しているとの事。

探しているバスは約750万円、トラックも1台約450万円ほどかかるそうで、想定金額は1,500万円程との事で登坂社長は「戦後の広島カープの樽募金(球場を造る募金)のようなイメージでおります。皆様からのポケットの小銭が頼りでございます」と3月の西日本、4月の北海道巡業を控えており大変困窮している事を理由にトラック募金の実施を発表した。

会場での募金箱やグッズの販売、対象商品の通信販売などでも行っているが、上記の理由や1月、2月と興行数も少なかった事もあり、募金専用口座も開設して全国のファンに支援のお願いをしたのだ。


※この日も会場物販コーナーにても募金を実施。(菊田一美と河上隆一)

北海道から九州の日本全国をバスとトラックで巡業をする団体だけに今回の募金が集まるかどうかに25周年イヤーの運命がかかっている。

トラック募金受付口座
三井住友銀行
新横浜支店
普通口座6507305
有限会社四ツ葉工芸

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事