【WWE】KUSHIDAが王者コールに無念の惜敗

KUSHIDAがNXT王者アダム・コールとノンタイトル戦で激突した。

試合序盤、KUSHIDAはハンドスプリング・エルボーをコールに炸裂させると、続けてハンドスプリング・ニールキックからDDTやアーム・バーを決めて王者相手に怒涛の攻撃を仕掛けた。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

コールもシャイニング・ウィザードや牛殺し2連打で反撃すると、KUSHIDAもマサヒロ・タナカを放って応戦。

さらにKUSHIDAがホバーボードロックで捕まえてコールを追い詰めたが、最後はコールがカウンターキックからのラストショットでKUSHIDAを沈めて3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAは善戦するも王者コールに惜敗した。

試合後には「NXTテイクオーバー:ポートランド」で対戦する因縁のトマソ・チャンパが現れてコールと対峙。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王座を返上しているチャンパは「ベルトを取り戻すぞ」と王座奪還を口にするとコールにフェアリーテール・エンディングを決めてKOした。

コール対チャンパのNXT王座戦が行なわれる「NXTテイクオーバー:ポートランド」は日本時間2月17日にWWEネットワークでライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事