【リアルジャパン】<安納サオリインタビュー>3・19後楽園参戦直前!“絶対不屈彼女”団体設立15年で初めての女子プロレスマッチに「はじめましてのリングで、全員私に一目惚れ!」

リアルジャパン3・19後楽園参戦直前!
“絶対不屈彼女”安納サオリインタビュー
団体設立15年で初めての女子プロレスマッチに「はじめましてのリングで、全員私に一目惚れ!」

――リアルジャパン参戦が決まったとき、安納選手はまずなにを感じましたか。

「名だたる選手の方たちが出ている団体ですし、初めての女子の試合なんですよね。そこに選んでいただけたってことが、すごくありがたいです。私を知らない方たちがたくさんいらっしゃると思うんです。だからこそ、安納サオリを知ってもらえるいいきっかけになるのかな、と思いました」

――旗揚げ以来15年間、女子の試合がなかったのは知っていましたか。

「あ、そうなんだと思いましたね。逆になぜこのきっかけで女子レスラーを出すのかなっていうのも、ちょっと思っちゃいました」

――これまでに男子の団体に参戦したことは?

「ありますよ。全日本さんの両国国技館とか横浜大会とか。男子の団体で試合をするのも楽しいです。お客様の反応など全然違いますよね。違うんですけど、女子のアピールもできるし。“この子って意外とできるんだ”、みたいな反応がすごいうれしかったりします。できなさそうな感じにけっこう言われるので(笑)」

――そのギャップがいいんですね。

「そうなんですかね(笑)。それはすごくありがたいですし、知ってもらいたい気持ちがあるので、(男子団体は)最高の場所だなって思います。なので“はじめまして”が多いです」

――リアルジャパンも“はじめまして”ですね。

「ハイ。そうなります」

――カードは、松本都&彩羽匠組vs朱里&安納サオリ組のタッグマッチです。松本選手がマッチメークしたのですが。

「このカード、魅力的すぎません? 私、このカードを見たときに、私がここに入っていいのかなって思っちゃったんですよ。だからこそ頑張ろうと思いましたし、誰よりも目立って、全員、私に一目惚れさせたろって思ったんですね(笑)。でも冷静に考えると、ドキドキしますよ。ワクワクもしますけどね!」

――彼女たちと試合をしたことは?

「最近、初めて朱里選手とシングルマッチをさせていただきました。2月16日、OZアカデミー前橋大会でした。それもすごくありがたいことに、カード発表したらけっこうざわついて。“安納サオリと朱里がやるの!?”みたいな感じになってました。それがこんど組むことになって、すごくうれしいです」

――朱里選手と試合をしてどうでしたか。

「負けちゃったんですけど、闘ってみて今後なにかあるだろうなって。朱里選手とは(今後)なにかあるなって直感的に思えたんですね。そしたらこんどタッグを組むことがわかって、やっぱりなって思っちゃいました(笑)」

――リアルジャパンとは、ストロングスタイルがテーマの団体です。安納選手はストロングスタイルと聞いて、どういうことをイメージしますか。

「ストロングをそのまま訳すと“強い”ですよね。強い選手が集まるってことですよね。そういう意味では、松本都選手から安納サオリは強いと思って選んでもらえたのかなって思ってるんですけれども、そうなんですか?」

――そこは本人に聞いてみないとわからないですが。

「アハハ(笑)。私は自分ではストロングスタイルだとは思っていなかったので。カード発表の会見に私は出席できなかったんですけども、あとからその模様を聞いて、ストロングスタイルで選手が集まっているんだと思いました」

――本人に自覚がなかったとしても、松本選手が考えるストロングスタイルの基準に合ったということだと思います。

「ハイ。でも、だからといって私のスタイルを変えようとは思わないですし、いつも通りの安納サオリでリングに立とうと思います」

――安納選手は「女優によるプロレス」をコンセプトにしているアクトレスガールズ出身ですから、一見ストロングスタイルとは対極のように思えます。松本都選手とも対極の存在というか。

「そうですね」

――ただ、ある意味「女優との両立」という色眼鏡で見られるからこそ、安納選手の試合からはしっかりしたプロレスをしようとの姿勢がうかがえるんです。

「そうですね。それしかなかったです、最初は。“オマエがプロレスラーなんて認めない”って言葉を受けるところから生きてきたというか。でもそれが悔しいから、やってやろうってずっと思ってやってきました。その言葉がなかったら逆にいま、こんな感じにはなっていないかもしれないし、いまこのリアルジャパンさんに出ることにはなっていないかもしれないです」

――見て納得できるのが、安納選手のブリッジなんですよね。ドラゴン・スープレックスやポテリング(逆さ押さえ込みブリッジ)におけるブリッジの角度、鋭さ、美しさにプロレスに対する思いが表われていると思います。

「ありがとうございます」

――やはり、そこは意識している?

「まあ、あんまり言いたくないですけど、そうですね。ちっちゃい声で言えば(笑)。小声、としておいてください(笑)。やっぱり、そこは大切にしていきたい部分ではありますので」

――プロレスをやるにあたり、手本にしたレスラーはいますか。

「いや、いないです。真似するのは違うかなと思ってて。でも、たくさん見ました。もう、ずっとプロレス見てました。男女問わず、ずっと見ていて、安納サオリ像とはなにかっていろいろ自分自身でも考えましたし、お客様が創り上げてくださったのかなというのもあるのかなって。求められたからこうやっているというのもないですし。まだまだ全然私の中では完成形ではないし、もっと変われるなって思います。でも、いまの段階ではみなさんで創り上げてくださった安納サオリのイメージなのかなって」

――プロレスデビューにあたり、アクトレスガールズでは堀田祐美子選手がプレイングマネジャーとしていろいろ指導していると思います。堀田選手といえば女子プロ界のレジェンド、これぞストロングといったイメージもありますよね。

「そうですよね。とにかく強い気持ちだったり、私は堀田選手と闘うことによって思いっきりいくということを学ばせていただきました。先輩だからって関係ないと。また、ほかの先輩方からもたくさん学ばせていただきましたし、たぶん私のちょっと(ヒールとして)悪いところだったりとかは、尾崎(魔弓)さん(の影響)だったり、ちょっと泥臭いところなんかは堀田さんからの教えだったりもしますし」

――では、安納選手はどういうことを心がけてリングに上がるようにしていますか。

「私は360度に安納サオリを届ける気持ちでいます。一点だけじゃなくて360度にプ
ラスして、カメラの奥まで届けるように。その意識は常にしてますね」

――対戦相手はもちろん、正面だけでなく、後ろもすべて。

「ハイ。会場にいない人にも届けるつもりで」

――そういう意味での、カメラの奥?

「そうです」

©OZアカデミー

――OZアカデミーの“正危軍”で、ヒールもしていますよね。

「もう1年半くらいになるんですよね」

――ヒール転向は横浜文体の大会場でした。初戦からヒールにハマっていたのには驚きました。もともと資質があったんですかね?

「エヘヘ(笑)。かもねえ、とか言って(笑)」

――リングに上がると人格、キャラクターも変われるものですか。

「(ヒールの)安納サオリになりますね。でもそのときは、自分自身がわからないです。なにをしているのかあまりおぼえていないですし。“役”ではないんですけども、無意識にそういうふうになってるんです。正危軍モードの安納サオリって、ふだんでは絶対できないです。たとえプロレスの取材中とかでも正危軍モードにはなれないんですよ」

――コスチューム姿でリングに上がると豹変する?

「ウフフ。入場曲がなって照明浴びると、プロレスラー安納サオリ!になります」

――ヒールモードがあるのは、今回試合をする3選手とは違うところですよね。

「あ、そっか。そういえば、そうですね」

――試合当日はヒールモードでいくのか、それとも…。

「どうだろう? そのときになってみないと、わからない。ウフフ」

――2月24日には超花火のリングで爆破デスマッチもやりましたよね。

「やっちゃったあ(笑)。サイコーでしたね。全然怖さがなかったんですよ。不安とかもまったくなくて。ワクワクしかなかったです。爆破受けちゃったんですけど」

――どうでした?

「痛かったですよ! メッチャ痛いし、メッチャ熱いし。だけど、ちょっとまたやりたいなって(笑)。またやりたいって思っちゃった(笑)」

――度胸もあるんですね。

「う~ん、度胸は、あると思います」

――度胸があるという部分でも、リアルジャパンのファンの前で堂々と試合ができるのではないかと思います。

「私は誰の前でも変わらず試合できると思います」

――基本的にリアルジャパンの会場では昭和のプロレス、昭和のストロングスタイルが好きなファンが多いのですが。

「そういうの初めてかもしれないです。楽しみ!」

――昭和のプロレスに対するイメージは?

「初代タイガーマスクの佐山(サトル)さんの試合も見ました。まだお会いしたことはないですけど、試合は見ました。動きがすごいですよね。なんか、人間を超えているというか。私は忍者戦隊カクレンジャー世代なので、たとえは違うかもしれないですけど、みんなのヒーローみたいに感じました。みんなの憧れの的。なんか映画を見ているみたいな感覚でしたね。4代目タイガーマスクさんの試合も見てますよ。女子では、全日本女子プロレスの試合はすごく見ましたし。雰囲気とか、すごいですよね。うまく言葉で言い表せないですけど、プロレスが一世を風靡していた時代ですし、アイドル的な印象もあり。逆に悔しいですよ、なんでいまはそんな感じじゃないんだろうって」

――そういう時代の熱を取り戻そうというのがリアルジャパンのコンセプトでもあります。

「なるほど。じゃあ、そこに少しでも貢献できるようにしたいですね」

――先程、ヒーローという言葉がありましたが、安納選手もヒーロー、ヒロインになれる世界にいるんですよ。

「ハイ、そうなんです。(ヒーローに)なります(笑)」

――今回のリアルジャパン参戦は、安納選手にとって挑戦のひとつですよね。

「うん、そうですね。ホントにそう思います。昨年末で(アクトレスガールズを退団し)フリーになって、試合の数が減ったりとか、チャンスがあまりなかったりするのかなって不安もあったんですよ。でも今回リアルジャパンさんに出られることだったり、先日の爆破マッチだったり、OZ4・11後楽園でも尾崎さんのベルト(OZアカデミー無差別級王座)に挑戦させていただけたり、そういうチャンスをいただけるってことは、すごくありがたいなって思う反面、フリーになったからこそ守るものは自分自身なので、しっかりと自分を背負ってリングに立とうという気持ちがよりいっそう大きくなりました」

――では、リアルジャパン3・19後楽園ではなにを見せたいですか、どういうところを見てもらいたいですか。

「もちろん、ブリッジは見ていただきたいです。“安納サオリってこんなブリッジができるんだ”って思ってもらえたら。このストロングスタイルの相手、パートナーの朱里さんもそうですけど、ストロングスタイルの中で同時に別のスタイルっていうのも見ていただけたらいいなって思います。それは華やかだったり、しなやかさだったり、そういうのも(ストロングスタイルの中に)あるんだよというのも見つけていただけたらなって思いますね」

(聞き手:新井宏)

■大会:初代タイガーマスク 佐山サトルストロングスタイルプロレスVol.5
■開催日時:03月19日(木)
開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会  場:後楽園ホール


《第2試合 一般社団法人国家資格対策センター Presents スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負》
朱里(MAKAI)&安納サオリ(フリー)
vs
松本都(崖のふち女子プロレス)&彩羽匠(Marvelous)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事