【DDT】「プロレスというジャンルを守っていかなくてはいけない」新型コロナウイルス対策を講じて後楽園大会を開催

20日、DDTは東京・後楽園ホールにて『Judgement2020~DDT旗揚げ23周年記念大会~』を開催した。

政府からの新型コロナウイルス感染拡大によるイベント自粛要請を受け、2月28日より大会を中止しており久しぶりの開催となった。

大会実施にあたっては事前の対策のお願いの告知や選手・スタッフの検温、会場入口での非接触型検温器を使用して37.5度以上の方の入場のお断りや、来場者の手へのアルコール消毒液散布、試合の合間でのロープなどの消毒が行われた。

大会終了後に高木三四郎社長は大会総括として「昨日の遅い時間に政府よりの見解で、慎重に対応して欲しいという要請はありましたが、こちらとしましても新型コロナウイルスの対策というのは慎重にやっていこうということで、来場者、選手・スタッフの検温、リングの消毒などできる限りの対策で行った」とコメント。

開催については「僕自身も葛藤があった中で、これ以上活動を自粛するというのは正直、色々な部分で影響を与えかねないなと」そして世界的な人気を誇る「シルク・ドゥ・ソレイユ」が19日、新型コロナウイルス感染拡大で各地の公演が相次いで中止となったことを受け、ダンサーを含めスタッフの95%を解雇の発表を受けて「まあ、そうだろうなと思ってはいたが、これ以上(中止が)続いたら我々もそうなるかもしれないという部分においては、プロレスというジャンルを守っていかなくちゃいけないし、これからも続けていかなきゃいけないので、非常に葛藤した部分はありましたけども僕らとしては再開しました。もちろん最大限の対策はこれからもやっていきたいと思う」と語った。

今後については会場や自治体の要請がない限りは、現段階では大会を開催していくとの事。

今大会の集客面には「周年大会は毎回入る大会で、対戦カードも引きのあるものも多かったんですけども、結果的に満員には至らなかったが、この状況では仕方のないこと。ただDDTUNIVERSEやサムライTVの生中継などで少しでもプロレスをお届けできる環境を作れたのかな」と振り返った。

また、世界的にも影響が出ているので、4月・5月で予定していた外国人レスラーの招聘については全部キャンセルになったことも明かした。

最後に「我々はでもやっぱり明るく前を向いていくしかないので、頑張っていきたいと思います」と団体の継続の為、戦っていくことを語った。

様々な場面で影響を及ぼしている新型コロナウイルスの一日も早い収束を願うばかりである。

~全試合結果~

Judgement2020~DDT旗揚げ23周年記念大会~
【日時】2020年3月20日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】916人

エキシビションマッチ 10分一本勝負
○樋口和貞 vs ジョーダン・ヒートリー●
3分50秒 カナディアン・バックブリーカー

オープニングマッチ 岡谷英樹デビュー戦 30分一本勝負
○吉村直巳&中村圭吾 vs 勝俣瞬馬&岡谷英樹●
6分1秒 片エビ固め
※ラリアット

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●大鷲透 vs 高梨将弘○<挑戦者>
11時51分 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、高梨が第1474代王者となる。

第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権バトルロイヤル 時間無制限勝負
【試合経過】
(1)●高梨将弘 vs 大鷲透○<挑戦者>/大和ヒロシ○<挑戦者>
2分6秒 横入り式エビ固め
※高梨が防衛に失敗、大鷲と大和がそれぞれ第1475代1/2王者となる。
(2)●大鷲透/●大和ヒロシ vs 男色ディーノ〇/納谷幸男〇/アントーニオ本多○/渡瀬瑞基○
2分40秒 同時フォール
※大鷲をディーノと納谷が、大和をアントンと渡瀬がそれぞれ横入り式エビ固めでフォール。大鷲と大和がそれぞれ防衛に失敗、ディーノ、納谷、アントン、渡瀬がそれぞれ第1476代1/4王者となる。
(3)●渡瀬瑞基 vs 平田一喜○
5分13秒 横入り式エビ固め
※渡瀬が防衛に失敗、平田が第1476代1/4王者となる。
(4)●納谷幸男 vs 平田一喜○
5分54秒 横入り式エビ固め
※納谷が防衛に失敗、平田が第1476代2/4王者となる。
(5)●アントーニオ本多 vs 平田一喜○
6分54秒 体固め
※アントンのアナルぎつねと平田のアナル手刀の相打ちから。アントンが防衛に失敗、平田が第1476代3/4王者となる。
(6)●男色ディーノ vs 平田一喜○
7分42秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め
※ディーノが防衛に失敗、平田が統一に成功して第1477代王者となる。

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●平田一喜 vs 大鷲透○<挑戦者>
12時1分 横入り式エビ固め
※平田が防衛に失敗、大鷲が第1478代王者となる。

第三試合 30分一本勝負
青木真也&●大石真翔&MAO&マイク・ベイリー vs CIMA&高尾蒼馬○&マッド・ポーリー&エル・リンダマン
9分24秒 エビ固め
※マッドスプラッシュ

第四試合 30分一本勝負
○HARASHIMA&丸藤正道&上野勇希 vs 彰人●&飯野雄貴&ロイス・チェンバース
10分33秒 体固め
※蒼魔刀

第五試合 業務提携vsEruption! 30分一本勝負
遠藤哲哉&T-Hawk&●島谷常寛 vs 樋口和貞&坂口征夫○&赤井沙希
9分15秒 片エビ固め
※神の右膝

緊急決定試合 いつでもどこでも挑戦権使用~さいたまスーパーアリーナ・KO-D無差別級王座挑戦剣争奪戦 60分一本勝負
<剣保持者>○遠藤哲哉 4分42秒 片エビ固め ロイス・チェンバース●<挑戦者>
※シューティングスター・プレス。遠藤が挑戦剣の防衛に成功。

セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>●クリス・ブルックス vs 佐々木大輔○<挑戦者>
20分35秒 クロスオーバー・フェースロック
※クリスが初防衛に失敗、佐々木が第2代王者となる。

メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○田中将斗 vs 竹下幸之介●<挑戦者>
22分56秒 エビ固め
※ローリング・エルボーバット。第74代王者が2度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事