【WWE】ワイルド撃破したKUSHIDAがクルーザー級王座に照準か!?

KUSHIDAがホアキン・ワイルドとNXTで激突した。

KUSHIDAは華麗な動きで捕まえたワイルドにアーム・バーを決めて攻め込むと、ワイルドもコーナーに追い込んだKUSHIDAに対してチョップやショルダータックルで反撃。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにKUSHIDAがワイルドの左腕を蹴り上げると、「折れたぞ。大丈夫か」とレフェリーに主張して対戦相手を心配するも試合は続行。

KUSHIDAが豪快にハンドスプリング・エルボーを決めると、最後はアーム・バーでワイルドにタップ勝ちを収めた。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、両腕を上げて勝利をアピールしたKUSHIDAはワイルドと握手を交わしてお互いの健闘を称え合った。

さらにバックステージでKUSHIDAは「今日も勝ちました。205含めて何連勝?4、5連勝かな?このままいきますか。クルーザー級のベルト狙っちゃいましょうかね」とNXTクルーザー級王座奪取をほのめかすと、日本時間4月4日の205 Liveでダニー・バーチと対戦することが発表された。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事