【WWE】マッキンタイアがWWE王座戦調印式でロリンズを強襲


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間4月28日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにてロウが行なわれた。

PPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」でWWE王座をかけて激突する王者ドリュー・マッキンタイアと“月曜夜の救世主”セス・ロリンズが調印式に登場した。

最初にマッキンタイアが契約書にサインすると、ロリンズは「マッキンタイアは偉大な王者になるだろうが、リーダーではない。俺が闇に光を当てるリーダーであり、WWEユニバースはリーダーを必要としている。俺が犠牲になってお前も導いてやる」とサインする前にリーダーとしての決意を示した。

これにマッキンタイアは「お前は俺に勝てないぞ」と自信を見せてサインをしたロリンズをテーブルに叩き付けて暴行すると、背後からロリンズの弟子マーフィーが突如現れて妨害。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、マッキンタイアがハグをするロリンズとマーフィーに襲い掛かるとロリンズが避けたクレイモアがマーフィーに命中した。

王者マッキンタイアとロリンズのWWE王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間5月11日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事