【DDT】6.7さいたまスーパーアリーナ見合わせに伴い、谷津嘉章の支援プロジェクトが一度終了に!「また体力を作りながら頑張りたい」

DDTプロレスリングは30日、谷津嘉章の復帰戦を行う予定でした6月7日さいたまスーパーアリーナ大会ですが、新型コロナウィルスの緊急事態宣言により、イベント開催の見通しが立たなくなり、開催が見合わせたが、それに伴いクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で行っていた谷津を支援するプロジェクト「義足の青春」は一度終了することを発表した。

このプロジェクトは、谷津の持病の糖尿病悪化から右足切断、懸命なリハビリに励み、義肢装具業界のリーディングカンパニーである川村義肢株式会社によって開発されたプロレス用の義足を装着して復帰する予定になっており、支援金は今後、様々なことにチャレンジしていくための活動費として使われることが3月18日の会見にて発表されていた。

谷津は自身のYouTubeにて「延期ですから、いつかやると思いますが、それまで、また体力を作りながら頑張りたいと思います。今まで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました」と語っている。

谷津嘉章YouTubeチャンネル
https://youtu.be/KGaV7mOoFp0

また、すでに購入している方の支援金の返金等に関しては別途連絡となる。

谷津の復帰戦の日程が決まったら、また改めてプロジェクトが立ち上る予定。

<プロジェクト詳細>
https://www.makuake.com/project/orya/

皆様には引き続き第二のプロレス人生にチャレンジする谷津選手を応援よろしくお願い致します。
※リリースより

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事