【AEW】5.20 AEWダイナマイト<全試合結果>モクスリーがブロディ・リー刺客に勝利!女子タッグで王者ナイラ・ローズが志田から勝利もテーブル葬の逆襲!ジ・エリートvsインナーサークルは全面戦争に突入

現地時間5月20日(日本時間21日)米国にてAEW DYNAMITEの33回目放送が行われた。

AEW王者のモクスリーはブロディ・リーの刺客10を撃破。MJFはその強さを発揮しマルコ・スタントに勝利。アンダーソンとジェイク・ロバーツはコーディとランス・アーチャーの代理戦争を口論で展開。

女子タッグマッチではAEW女子王者のナイラ・ローズが挑戦決定の志田光からビーストボムで勝利。しかし試合後に志田光がテーブルクラッシュのスーパープレックスで意地をみせる。

第5試合のマット・ハーディとサミー・ゲバラの試合はケニー・オメガやヤングバックスの“ジ・エリート”とクリス・ジェリコ率いる“インナーサークル”の全面戦争に突入。ヤングバックスらの助けが入りジ・エリートがインナーサークルを駆逐した。次回はいよいよPPV「ダブルオアナッシング」だ。

試合結果は下記の通り

第1試合 シングルマッチ
〇ジョン・モクスリー vs 10✖(withブロディ・リー)
※パラダイムシフト
※ブロディ・リーはモクスリーから奪取のAEW王座ベルトを持ち登場。10に「モクスリーをやっちまえ」と命令する。

第2試合 シングルマッチ


〇MJF(withウォードロウ) vs マルコ・スタント✖
※ソルト・オブ・ジ・アース(フジワラアームバー)

◆アーン・アンダーソン×ジェイク・ロバーツの口論



ランス・アーチャーのマネージャーのジェイク・ロバーツと、コーディのマネージャーのアーン・アンダーソンが口論。ジェイク・ロバーツがテーブルを投げ捨てて乱闘寸前となる。

第3試合 シングルマッチ

オレンジ・キャシディ(withベストフレンズ) vs レイ・フェニックス
※ダイヤモンドカッター

※試合後、カジノラダーマッチに出場する選手が登場し乱闘となる

第4試合 女子タッグマッチ


〇ナイラ・ローズ&ブリット・ベイカー
vs
✖志田光&クリス・スタットランダー
※ビーストボム

※試合後、ナイラ・ローズが志田光をテーブルに載せようとするもスタットランダーが妨害に入る。反対に志田光がテーブルの上にナイラをスーパープレックス(雪崩式ブレーンバスター)でテーブルクラッシュ葬!

第5試合 シングルマッチ


〇マット・ハーディー vs サミー・ゲバラ✖
※ツイスト・オブ・フェイト

※マット・ハーディがパイプ椅子を取り出すや、会場モニタにクリス・ジェリコとインナーサークルが登場。インナーサークルに捕まったケニー・オメガ、ジェイク・ヘイガーがケニーに水をかけると、ジェリコはバットで殴打。そこにヤングバックスが登場しダブルアタックでケニーを救出、更にマットも加勢してインナーサークルに対峙。ハングマン・ペイジも登場しインナーサークルを全員で退治する。

次回のPPV「ダブル・オア・ナッシング」では注目カードが目白押しだ。

ジョン・モクスリーvsブロディ・リーのAEW世界王座戦、コーディvsランス・アーチャーのTNT王者決定戦、ナイラ・ローズvs志田光のAEW女子王座戦、カジノラダーマッチ、インナーサークル vs ジ・エリートの「STADIUM STAMPEDE」での全面対抗戦と楽しみな試合が決定している。次回 “ Double or Nothing ” から目が離せない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事