【WWE】KUSHIDAがタップ奪取もレフェリージャッジで王座決定戦出場を逃す

KUSHIDAが暫定クルーザー級王座トーナメントのAグループ1位を決めるトリプルスレット戦でドレイク・マーベリック、ジェイク・アトラスと対戦した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAはホバーボードロックでマーベリックに攻め込めば、アトラスが場外ムーンサルトをKUSHIDAに決めて白熱の攻防を展開。

さらにKUSHIDAはアトラスを丸め込みながらマーベリックにジャーマン・スープレックスを放つ離れ技を披露するとトルネードDDTやアーム・バーをマーベリックに決めたが、最後はKUSHIDAがアトラスに雪崩式アーム・バーを決めたところで、すかさずマーベリックがアトラスをフォールするとレフェリーが3カウント。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAはアトラスからタップを奪いながらもレフェリーのジャッジで勝利を逃し、Aグループ1位となったマーベリックとBグループ1位のエル・イホ・デル・ファンタズマが暫定NXTクルーザー級王座決定戦で激突することが決定した。

試合後のバックステージではKUSHIDAが「勝てるようにがんばって」とエールを送ると、マーベリックも「俺が王者になったら、最初にKUSHIDAと対戦する」と約束してお互いの健闘をたたえた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事