【WWE】マッキンタイアが妻ラナと不協和音のラシュリーを撃破して王座防衛


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間6月15日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたPPV「バックラッシュ」が配信された。

王者ドリュー・マッキンタイアと“オールマイティ”ことボビー・ラシュリー(with MVP)がWWE王座戦で激突した。

ゴング前からいきなりラシュリーがマッキンタイアをフルネルソンで締め上げてダーティーファイトを仕掛けると、試合序盤でもラシュリーがショルダータックルやボディスラムで攻め込んで試合を優勢に進めた。

しかし、マッキンタイアも意地のノーザンライト・スープレックスで反撃したが、ラシュリーもアンクルロックからスピアーを叩き込んだ。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合終盤にはマッキンタイアが豪快なスーパープレックスから必殺のクレイモアを狙ったが、逆にラシュリーがカウンターのスピアーを決めたところで突如妻のラナがリングサイドに登場。

続けてマッキンタイアのグラスゴー・キッスを食らったラシュリーがラナに誤爆してしまうと、この隙にマッキンタイアが必殺のクレイモアをラシュリーに叩き込んで3カウント。

王座防衛に成功したマッキンタイアは「俺は長期政権を築くつもりだ」とベルトを掲げると、ラシュリーはMVPと共に倒れ込んだラナを無視してリングを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事