【新日本】鷹木が『NEW JAPAN CUP』を見据え「大阪城で内藤が待ってんだろ?こんなおもしれえことやらないわけにはいかねえだろう」

110日ぶりにメインの6人タッグで勝利した鷹木信悟がバックステージでコメント。

2020年6月15日(月) 19:00開始

■第6試合 30分1本勝負
SHO  YOH⚫︎ オカダ・カズチカ
vs
高橋ヒロム 鷹木信悟 内藤哲也〇
14分17秒(デスティーノ→片エビ固め)

鷹木「闘いが再開したということは、もう『NEW JAPAN CUP』に向けてスイッチが入ってんだよ。初っ端からスカして悪いけど、今グータッチする気分じゃねえな。まあ、当たり前だったことが、当たり前じゃなくなったからな。まあ、今日こうしてリングに上がれたことは素直にうれしく思うよ。

まあ、それでも! 闘いが始まった以上はプロレスラーとして完全にスイッチが入った。明日から、始まるなぁ、おい! 『NEW JAPAN CUP』。1回戦の相手、オスプレイからSHOに変わった。順調に行けば、L・I・Jのメンバーと闘える。EVILか? いや、その前に2回戦、SANADAだな。次はEVILか?

決勝がヒロムか? おもしれえ。その先には、大阪城で内藤が待ってんだろ? こんなおもしれえことやらないわけにはいかねえだろう。

その前にはまずは1回戦、SHO。おい、今日やって思ったよ。あいつ何が変わったんだ? 1年前の『BEST OF THE SUPER Jr.』の開幕戦から、何が変わった? 映像見て、お前らなんか変わったと思うか? 俺は何も感じない。気持ちは伝わるかもしれないが、形には何も見えてこない。なんかあるか?」

──SHO選手との一戦よりも、もっとその先を見ているということでしょうか?

鷹木「当たり前だろう。SHOと闘って、まあ1年。あいつなりに何かの分岐点かなんかで、だいぶ俺のことを意識しているようだけど、俺からしてみたら通過点だよ。過去だよ」

──先程、SHO選手は、鷹木選手の「這い上がってこい」というコメントがあったから、「必ず這い上がってやる」と強い気持ちで答えてくれていましたけど。

鷹木「いやいやいや、這い上がって来たか? オスプレイの棚ぼたじゃねえかよ、おい! 気持ちだけじゃねえんだよ。プロは結果残してなんぼだろ。違うか? 本当だったら今日はいい試し斬りだったな。あいつのクローズラインじゃ、あいつのラリアットじゃ、俺を倒せねえよ。(右腕で力こぶを作りながら)もっと威力増してっからな、俺は。来週の月曜日まで1週間あるんだ。SHO、知恵を振り絞って、俺の前に来い。ちょっとは俺を本気にさせてくれよな!」

※写真提供:新日本プロレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事