【仙女】里村明衣子が鍛えあげられた背中を披露!ファンは「怖い」「抱きしめたい」「美しい」と絶賛


女子プロレス界の横綱・里村明衣子が鍛え上げられた背中を自身のSNSで披露した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020.6.17 #backstyle #womansmuscle #muscle #fitness #仙女 #女子プロレス #筋トレ

Meiko Satomura(@meiko_satomura)がシェアした投稿 –

里村は柔道をベースにGAEA JAPANに入門。1995年に15歳で史上最年少でデビューすると「驚異の新人」として注目を受ける。北斗晶や尾崎魔弓ら名だたるレジェンドを撃破していったが2006年にGAEA JAPANが解散。新崎人生に声を掛けられセンダイガールズプロレスリングを旗揚げ。エース兼コーチとして新人の育成にあたってきた。

その堂々たるリング上でのふるまいと圧倒的な戦いぶりに「女子プロレス界の横綱」と称されている。またボディビル大会にも出場し日頃より節制と筋肉を鍛えることに怠らずチャレンジしている。

そんな里村が披露した鍛え上げられえた背中の筋肉にファンからは

「怖いです」
「後ろから抱きしめたい」
「素晴らしい肉体!」
「美しい」

と賛辞の声が上がっている。

鍛え上げられた里中の姿をリング上で見れる日も近い。楽しみに待ちたい…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事