【DDT】“浪速のロッキー2世”赤井沙希らイラプションがKO-D6人タッグ王座に涙の初戴冠!7.3新宿での里村明衣子との七番勝負最終戦に勝利を誓った!

“浪速のロッキー”こと、赤井英和の娘・赤井沙希が樋口和貞、坂口征夫と結成するユニット「イラプション」で、KO-D6人タッグ王座に初めて戴冠。涙の赤井は、7月3日の東京・新宿FACE大会のメインイベントで行なわれる、里村明衣子(センダイガールズ)との“おきばりやす”七番勝負最終戦での勝利を誓った。

20日の新宿大会のメインでは、ダムハーツ(ダムネーションとストロングハーツの業務提携軍)の遠藤哲哉、T-Hawk、エル・リンダマンが保持するKO-D6人タッグ王座に「イラプション」の3人が挑戦した。

常識的には、一人だけ女子が入っていることで不利は否めなかったが、赤井は得意のキックなどで果敢に攻め立てた。

ダムハーツの厳しい反撃にもあったが、耐え忍び、15分過ぎ、リンダマンにフライング・ボディアタック、フェースバスター、顔面蹴りとたたみかけた。

樋口が強烈なラリアットをリンダマンに叩き込むと、赤井がケツァル・コアトルでダメージを与え、最後は樋口の強烈な轟天で3カウントが入り、「イラプション」が王座を奪取した。

試合後、今林久弥アシスタントプロデューサーがリングに上がり、初防衛戦は7月23日の東京・後楽園ホール大会で行なうこと(挑戦者は未定)と、同3日の新宿大会で、“女子プロ界の横綱”里村を相手に、赤井の七番勝負最終戦が組まれることをアナウンスした。

坂口は「正直、今のチャンピオン、個の力では無理だと思ってた。ただウチら3人が力を合わせれば、いけると思って。今日改めて思った。ここにいる二人は頼もしい。今日いちばん輝いていたのは赤井。本当によくがんばった。6人タッグ巻く価値のある選手になったと思う。この調子なら、七番勝負も誰だろうがいけるよ。食ってやれ」と赤井の奮闘を称えた。

樋口は「この3人で6人タッグ巻けたのが本当にうれしいです。今日いちばんがんばったのは赤井さん」とマイク。

赤井は涙ながらに「正直、痛かったけど、痛くなかった。もうちょっと勝った余韻に浸りたかったんですけど、七番勝負最後の相手が里村さんということで、私がこの団体のベルトを狙っていいと思わせてくれた選手です。最終戦、誰が来ても勝ちます! 皆さん、見届けてください」と締め、里村戦での勝利を宣言した。

バックステージで、赤井は「(相手に)なめられてると思ったから、しつこくいった。女子なんで、KO-DもEXTREMEも見てる側だった。でも里村さんがKO-D(無差別級)を獲って、『女子でも獲っていいんだ』って、消してた可能性を感じた。性別は関係ない。私が獲ったことで、男でも女でも獲りにきてほしい」とコメント。

坂口は「男3人でも、ミックスでもいい。あれだけ強いチャンピオンに勝ったんだから、KO-Dタッグチャンピオン(上野勇希、吉村直巳)が誰か一人連れてきてもいい」と話した。

樋口は「3人で巻けたのがうれしい。DDTに新しい風を吹かせる。どんどん防衛して、上に上がっていきたい」と述べた。

一方、敗れた「ダムハーツ」は、「女の子を怒らせたら怖い。赤井の執念」(リンダマン)、「このトリオは、いい感じ。結果だけです」(T-Hawk)、「結果以外は全部持って行ってる。次、タッグもある」(遠藤)と振り返っていた。

DDT TV SHOW!#7
【日時】2020年6月20日(土)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】127人(超満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
●中村圭吾 vs 岡谷英樹○
6分59秒 片エビ固め
※ダブルアーム・スープレックス

▼第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
①○青木真也<6> vs 納谷幸男●<5>
6分54秒 三角絞め
②○みんな vs 青木真也●
6分59秒 体固め
※押さえ込む
③○MAO<3>&○勝俣瞬馬<4> vs 男色ディーノ●<王者><1>&渡瀬瑞基●<2>
7分47秒 同時オーバー・ザ・トップロープ
④▲MAO vs 勝俣瞬馬▲
8分1秒 両者オーバー・ザ・トップロープ
※ディーノが防衛に失敗、アントーニオ本多<4>が第1482代王者となる。< >内は入場順。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●アントーニオ本多 vs 男色ディーノ○<挑戦者>
19時32分 横入り式エビ固め
※アントンが防衛に失敗、ディーノが第1483代王者となる。

▼第三試合 DISASTER BOXvsALL OUT! 30分一本勝負
大鷲透&吉村直巳&●平田一喜 vs 竹下幸之介&彰人&飯野雄貴○
10分57秒 エビ固め
※スピア

▼第四試合 30分一本勝負
○上野勇希 vs マッド・ポーリー●
9分5秒 反則勝ち
※島谷の乱入

▼第五試合 30分一本勝負
○秋山準 vs 大石真翔●
10分20秒 体固め
※エクスプロイダー

▼セミファイナル 30分一本勝負
○佐々木大輔&高尾蒼馬 vs HARASHIMA&クリス・ブルックス●
10分36秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

▼メインイベント KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>遠藤哲哉&T-Hawk&●エル・リンダマン vs 樋口和貞○&坂口征夫&赤井沙希<挑戦者組>
18分16秒 片エビ固め
※轟天。#DAMNHEARTSが3度目の防衛に失敗。Eruptionが第41代王者組となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事