【新日本】EVILが勝利への執念を見せSANADAに非情攻撃で勝利を掴み取る!『NJCUP』7.3準決勝

34年ぶりに金曜8時が帰ってきた!

「ワールドプロレスリングリターンズ」で“金曜8時のプロレス生中継”が34年ぶりに復活。

新日本プロレスは3日、「NEW JAPAN CUP 2020」準決勝戦を無観客で行い、この試合はBS朝日にて生中継された。

セミファイナルではEVILとSANADAが勝ち上がり同じロス・インゴ、そしてタッグパートナー対決となった。

互いに負けられないパートナー対決はEVILのダークネスモードが全開、最後はSANADAに対し急所攻撃を2度も行い、EVILを決めて勝利を掴み取った。

この結果、「NEW JAPAN CUP 2020」決勝戦の組み合わせは、オカダvsEVILに決定した。

EVILの執念がオカダを粉砕するか!?

NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020
日時:2020年7月3日(金) 開場 19:00開始

◆第3試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2020」準決勝戦
○“キング・オブ・ダークネス”EVIL
vs
●SANADA
20分13秒 EVIL→片エビ固め
※EVILが「NEW JAPAN CUP 2020」決勝戦進出

<バックステージコメント>

EVIL「一つだけ言っといてやる! 何が何でも勝つというのは手段は選ばねぇって意味だ。次、誰が来ても一緒だ。このトーナメントは俺が全て飲みこんでやるからな! 優勝は俺のものだ、よく覚えとけ!」

※SANADAはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事