【ノア】潮崎が丸藤からGHCヘビー防衛、拳王がナショナル王座との二冠戦を要求!杉浦軍がCyber Fighterに?!8.5(水)後楽園『DEPARTURE 2020 day2』<全試合結果>

プロレスリング・ノアは20周年記念日となる5日に東京・後楽園ホールにて『DEPARTURE 2020 day2』を開催した。

ノアは2000年8月5日にディファ有明にて旗揚げ戦を行っており、2020年8月5日に20周年を迎えた。

メインイベントでは、”I AM NOAH!”GHCヘビー級チャンピオンの潮崎豪と”I AM REAL NOAH!”丸藤正道が対決。

30分を超す激闘となった試合は、潮崎がノアの創設者・三沢光晴さんに捧げる、ローリングエルボー、エメラルド・フロウジョンなどを放つと、最後はムーンサルトプレスで丸藤から3カウントを奪い、3度目の防衛に成功した。

すると前日に中嶋勝彦からGHCナショナル王座を獲得した拳王が「ノアに一番強い奴は二人もいらねぇ!俺のベルトとお前のベルトをかけて、正真正銘、一番強い奴を決めようじゃねぇか!」とニ冠戦を要求した。

これに潮崎は「よし、やってやるよ横浜文体!」と8.10横浜文化体育館大会での対戦を受諾した。

セミファイナルで行われた、杉浦軍vs金剛の12人タッグマッチは一時再雇用の鈴木秀樹が稲村愛輝からダブルアームスープレックスで勝利。

バックステージではケンドー・カシンが9月1日からノアとDDTが経営統合、株式会社CyberFightとなるがこれを引き合いに出して「我々の戦いはプロレスではなくCyber Fight、プロレスラーではなくCyber Fighterと呼んでください」と発言して控室に戻っていった。

8.10横浜文体でIPWジュニアヘビー級選手権試合で戦う、チャンピオン・原田大輔が6人タッグマッチでHAYATAから直接フォールを奪われ敗戦した。

DEPARTURE 2020 day2
日程:2020年08月05日(水)開始:18:30
会場: 後楽園ホール

GHCヘビー級選手権試合
○潮崎豪
vs
×丸藤正道
30分56秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
第33代選手権者・潮崎豪が3度目の防衛に成功



12人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&○鈴木秀樹&NOSAWA論外&カズ・ハヤシ
vs
拳王&マサ北宮&征矢学&×稲村愛輝&覇王&仁王
19分58秒 ダブルアームスープレックス→片エビ固め


6人タッグマッチ
鈴木鼓太郎小川良成&○HAYATA
vs
×原田大輔&タダスケ&YO-HEY
12分29秒 サムソンクラッチ

6人タッグマッチ
○清宮海斗&谷口周平&稲葉大樹
vs
小峠篤司&×大原はじめ&吉岡世起
13分33秒 タイガースープレックスホールド

6人タッグマッチ
中嶋勝彦&○モハメド ヨネ&岡田欣也
vs
齋藤彰俊&井上雅央&×諸橋晴也
12分51秒 キン肉バスター→片エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事