【ドラゴンゲート】9.21金網マッチ入場順決定!YAMATOと吉野正人が再戦要求で次回後楽園にてナンバーチェンジ 6 人タッグマッチ開催!8.12 後楽園ホール<全試合結果>

ドラゴンゲートは12日、東京・後楽園ホールにて『THE GATE OF ADVENTURE 2020』を開催した。

この日のメインイベントにて、9.21大田区総合体育館にて行われる金網6WAYマッチの入場順を決める、ROAD to DANGEROUS GATEスペシャル6WAYマッチが行われた。

ニュートラルコーナー(白)のターンバックルに ①~⑥までの番号がランダムに隠されており、対戦する6人の選手たちは試合の勝ち抜け順に1つずつこれを開封していくルール。

早い番号をゲットした方が金網マッチでは有利となるが、1番に勝ち抜けたB×Bハルクが4番、続けてKAIが2番、吉野正人が6番、Eitaが3番、YAMATOが5番、そしてなんと最後まで残ったビッグR清水が1番となった。

この結果にYAMATOが納得がいかず『もう1回』と吉野を巻き込んで抗議するも、八木本部長は「もう決まったんだよ、あきらめろ」と受け入れなかったが「そういう不満が出るんじゃないかと思って、一つ俺に考えがあるよ」と次回9.9後楽園にてナンバーチェンジ6人タッグマッチを行う事を発表。

ナンバーチェンジ6人タッグマッチの勝利(フォール、ギブアップ等により勝ち名乗りを挙げた)選手が入場順を1回に限り希望通りに変更することが出来るというもので、対戦カードは入場順の奇数番号の清水・Eita・YAMATOが組み、偶数番号のKAI・ハルク・吉野が組んでの対戦が決定した。

また、この日の第5試合に登場したR・E・Dは新たな黄色マスクを連れて入場。試合に勝利した石田凱士はバックステージにて「黄色マスク、今日から投入だ。お前らの好きな予想でも、これから発表するまで思う存分予想しておけよ」と言い放ち控室に戻っていった。

果たして黄色マスクの正体は誰なのか。

『THE GATE OF ADVENTURE 2020』
8月12日(水)18:30試合開始
東京・後楽園ホール

<全試合結果>

【第1試合:6人タッグマッチ】
闘龍門 vs DRAGONGATE
ドン・フジイ&○横須賀ススム&神田裕之
vsv
奥田啓介&×問題龍&ジミー
10分24秒 横須賀カッター→片エビ固め

【第2試合:シングルマッチ】
○斎藤了
vs
×このまま市川
8分48秒 裏足4の字固め

【第3試合:タッグマッチ】
○望月成晃&Gamma
vs
×吉田隆司&KAZMA SAKAMOTO
7分59秒 サイバーボムを切り返す→エビ固め

【第4試合:8人タッグマッチ】
闘龍門 vs DRAGONGATE
ウルティモ・ドラゴン&土井成樹&ドラゴン・キッド&○近藤修司
vs
Kzy&Ben-K&ストロングマシーン・J&×U-T
17分8秒 キングコングラリアット→エビ固め


【第5試合:6人タッグマッチ】
DRAGONGATE vs R・E・D
箕浦康太&ジェイソン・リー&×ドラゴン・ダイヤ
vs
○石田凱士&ディマンテ&H・Y・O
12分58秒 アンクルホールド

バックステージコメント

石田「DRAGONGATE世代のチャンピオンチーム、お前ら勢いだけ。勢いだけでどこまでいけると思ってんだ。これが結果じゃ。見たらわかるだろ、R・E・Dの圧勝だ。それからお前ら見てみろ。黄色マスク、今日から投入だ。お前らの好きな予想でも、これから発表するまで思う存分予想しておけよ。これから動いていくぞ」

【第6試合】
ROAD to DANGEROUS GATE
-スペシャル6WAYマッチ-
吉野正人
vs
YAMATO
vs
KAI
vs
Eita
vs
B×Bハルク
vs
ビッグR清水

《勝ち抜け順》
① ○ハルク(11 分 51 秒 オーバー・ザ・トップロープ)KAI●

② ○KAI(14 分 22 秒 横入式エビ固め)YAMATO●

③ ○吉野(17 分 9 秒 トルベジーノ十字固め)清水●

④ ○Eita(20 分 12 秒 オーバー・ザ・トップロープ)清水●

⑤ ○YAMATO(22 分 47 秒 スリーパーホールド)清水●

※ビッグR清水が敗け残り

この試合の結果9.21 大田区総合体育館大会“金網 6WAY マッチ”の入場順が決定
①ビッグR清水
②KAI
③Eita
④B×Bハルク
⑤YAMATO
⑥吉野正人

バックステージコメント

KAI「俺が勝って、YAMATOさんの5番とハルクの4番を変えます。絶対に勝ちます!」

YAMATO「信じていいのか、俺が4番になれるのか?」

KAI「なれます、ならせます」

YAMATO「喜んでいいのかわからないけど来月の後楽園、力合わせて絶対に生き残ろう」

吉野「なんでしょうねもうこれ。なんとも言えませんわ。3番手に勝って、4つあったからせめてもう少しいい番号を引きたかったけど、あそこで6番を引くなんてね。ある意味、持ってるとしか言われへんわ。まぁ、最後ね、YAMATOもあれだけもう1回って言ったかいがあって、泣きの1回、来月の後楽園でナンバーチェンジマッチが決まったから、もうそこにすがるしかない。理由はどうあれフォールかギブアップ奪うしかない。それしかないもんな。自分で勝たないと、誰も助けてくれないだろ。今日の展開見ててもシングルの6WAYなのに、やられてたの8割が俺やったから。それを思うと金網(9.21大田区)の展開もこのまま6番を持ってたらどうなるかわからないから、来月の後楽園ではなんとしてでもナンバーチェンジマッチに勝って、来月の後楽園を吉野正人のプロレス人生最後の後楽園にならないように、そして、金網も引退を免れるように何としてもやりますから見といてください」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事