【WWE】“毒蛇”オートンと元NXT2冠王者リーがPPV「ペイバック」で決定


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月25日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信され、“毒蛇”ランディ・オートンと元NXT2冠王者キース・リーがPPV「ペイバック」で対戦することが決定した。

オープニングに登場したWWE王者ドリュー・マッキンタイアが「オートンは強い相手だったが、俺は王座防衛に成功した。次の挑戦者が誰か楽しみだ」と前日のPPV「サマースラム」を振り返えると、そのオートンがリングを去るマッキンタイアを襲撃してパントキック2発を叩き込んだ。

その後、リングに現れたオートンが「2度蹴り飛ばして楽しかったぞ」とマッキンタイアを挑発すると、そこへマッキンタイアの盟友でロウ昇格を果たした元NXT2冠王者リーが登場。

リーはオートンと対峙すると「刺激的な対戦相手を探してるんだろ。マッキンタイアの代わりに今すぐ俺との一騎打ちはどうだ?」と対戦要求をして2人の対戦が決定した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、リーは掴んだオートンの拳を握り潰すとベリー・トゥ・ベリーで投げ飛ばしてそのパワーを見せつけると、オートンもポストに叩きつけたリーをスリーパーで捕まえて反撃した。

さらにオートンがエレベイテッドDDTからリーに止めを狙うと、突如現れたマッキンタイアがオートンを襲撃して試合は反則裁定。

その後、今度はオートンがバックステージでマッキンタイアを再襲してこの日3発目のパントキックを放って病院送りにすると、リーは「マッキンタイアはタフだから大丈夫だと思うが、オートンは許せない」とオートンに報復を誓って2人の再戦がPPV「ペイバック」で決定した。

オートン対リーの再戦が行われるPPV「ペイバック」は日本時間8月31日にWWEネットワークで配信される。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事