【新日本】<KOPW>デスペラードの挑発に乗り小島が“必殺技禁止マッチ”でラリアットを放ち無念の反則負け

26日、東京・後楽園ホールにて新日本プロレス「KOPW 2020」1回戦4試合が行われた。

第3試合は「KOPW 2020」1回戦で小島聡とエル・デスペラードが、必殺技禁止マッチで対決。

禁止された必殺技は小島がラリアット、デスペラードがピンチェロコに指定され、その技を使った場合は反則負けとなるルール。

試合はデスペラードが左ヒザを攻め、小島も抗戦。レフェリー不在の間に川田殺しでデスペラードはギブアップの意思表示、しかしこれに気付くことなく終盤へ。

デスペラードは小島の必殺技ラリアットを連発し挑発、最後は我慢ならずに小島がカウンターのラリアットを放ってしまい無念の反則負けとなった。

これによりデスペラードの「KOPW 2020」決定戦4WAYマッチへの進出が決定した。

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年8月26日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:676人

▼第3試合 時間無制限1本勝負
「KOPW 2020」1回戦 必殺技禁止マッチ
小島 聡 ×
vs
エル・デスペラード 〇
14分13秒  反則
※デスペラードが「KOPW 2020」決定戦4WAYマッチに進出

<連続写真でご覧下さい>

   

<試合後のバックステージコメント>

デスペラード「あ〜しんどい。しんど〜い。あ〜……あ〜、バカじゃないのあいつ。結局ほら、ほれ見たことか! なー、最後の最後、バカがさ〜、いつもの通りラリアットなっちゃうんだよ。なあ〜。あ〜しんどい。肉を切らせてなんとかかんとかって言うけど、肉も切らせたくないね本当はね。これはやばいぞ。あ〜気持ち悪い。うわ〜、うわ〜気持ち悪っ。どうせあれだろ? 俺のバックグラウンド獲ったろ? あれだけでテンション上がったんだろ? バカかおまえ。この数日間で俺はビル・ロビンソンばりのダブルアームスープレックスをやろうと思ってたんだよ。やってないけど。けどよ……最後反則したのどっちだ? レフェリーが見てる前でいつも通り禁止されてるやつ振り回して。第三世代一人やっつけたぞオイ。あと二人……。いや〜でもしんどいからやんなくていいや。いい、いい、いい。言ったけどいい、やらなくていい。(帰りがけに)組むなよ!!」

小島「一つだけ……一つだけ言う。プロレスラーが本気で大事にしている技をバカにするな。おまえに言いたいのはそれだけだ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事