【新日本】8.29神宮でのNEVER王座前哨戦で鷹木と鈴木が激しい火花!鷹木「やるかやられるか、潰すか潰されるかの戦いだ」

新日本プロレスは27日、東京・後楽園ホールで「SUMMER STRUGGLE 2020」を開催し、8.29神宮大会に向けて各選手が激しい火花を散らした。

第4試合はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと鈴木軍の6人タッグが行われた。

試合は鷹木信悟&SANADA&BUSHI vs 鈴木みのる&エル・デスペラード&DOUKIが相まみえ、8.29神宮大会でNEVER王座に挑戦する鈴木が王者・鷹木に照準を合わせ激しいファイトを仕掛ける。

また「KOPW2020」決定戦4WAYマッチで対戦が決まっているSANADAとデスペラードも互いを意識した攻防を披露。最後はSANADAがDOUKIをSkull Endで締めあげ勝利した。

試合後も鈴木は鷹木を挑発し番外戦を展開し、両雄待ったなしの状態で8.29神宮大会への布石となった。

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年8月27日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:643人

▼第4試合 30分1本勝負
BUSHI SANADA〇 鷹木 信悟
vs
DOUKI× エル・デスペラード 鈴木 みのる
9分18秒  Skull End

<連続写真でご覧下さい>

 

<試合後バックステージコメント>

BUSHI「昨日は残念だったよ。『KOPW』、神宮での試合には進めなかった。でも、これで終わりじゃないから。俺はまだまだ諦めたわけじゃないから」

鷹木「ああ、クソッ! やり足りねえよ。(声を張り上げて)全然やり足りねえよ! もっともっと、鈴木と喧嘩してえよ。泣いても笑っても、明後日神宮で決着がつくな、おい。やるかやられるか、潰すか潰されるかの戦いだ。おい、鈴木、よくぞ散々言ってくれたな。おう? 俺のこと弱いだと? (声を張り上げて)弱いだと! だったら俺とシングルやって、弱いかどうかきっちり身体で体感してみろよ。俺はお前に対して、素直に凄いと思っているぜ。鈴木みのる、お前のことは強いと思っている。間違いなく強えよ。だがよ、先輩にいいアドバイスしてやるよ。勝負はな、強い奴が勝つんじゃねえんだよ。わかるか? 勝った奴が強いんだ。俺がそれを神宮で身を持って証明してやる」

※SANADAはノーコメント

デスペラード「え~~と……え~~と……そう、SANADA! しゃべんねえし、普段さわんねえから名前覚えんのがいっぱいいっぱいだよ。お前、来んだろうな? 明後日……明後日、明後日だよな? 雨降んなかったら明後日、雨降ったら明々後日。えっとぉ、川崎球場じゃなくて……神宮! 神宮! 4WAYだよ、4WAY! わかってんだろうな? 覚えてんだろうな? あと、ほら、あと2人……あと2人……俺がお前から獲ってやる! スリーだ! ギブアップじゃねえ、スリーだ! 俺がお前から3つ獲ってやるからよ、楽しみにしておけ」

鈴木「(終始凄味のある笑みを浮かべつつ)おい、鷹木どこ行った、この野郎! 今からやろうぜ! 明後日の神宮、待ちきれねえんだよ。おい、俺はよ、待ちきれねえんだよ。今からでもいいぞ。なんなら、今から表出てやろうぜ。表出て、何でもありの、やろう。やろうぜ、鷹木信悟。神宮なんか待ってられねえ。おい、今すぐ、ここの駐車場で待っている。降りて来い」

※DOUKIはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事