【新日本】IWGPジュニアは真っ向勝負で石森がヒロムを撃破し、二度目の戴冠!<8.29神宮大会>

29日(土)、新日本プロレスは21年ぶりに東京・明治神宮野球場で『SUMMER STRUGGLE in JINGU』を開催した。

21年ぶりの神宮決戦は豪華カードをラインナップし、各タイトルマッチを中心に激闘が繰り広げられた。

第4試合はIWGPジュニアヘビー級選手権が行われた。

王者 高橋ヒロムがBULLET CLUB石森太二を挑戦者として迎え撃った一戦であったが、負傷箇所であるヒロムの左肩を攻めて石森が次第に優勢に。

両者は2018年の『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝決定戦以来となる対決は互いの持ち味を十二分に発揮した展開となったが、左肩のダメージが残るヒロムは石森のリバースブラディサンデーを被弾すると、最後はBone Lockでギブアップ。

石森は二度目のIWGPジュニアヘビー戴冠を果たした。

D4DJ Groovy Mix Presents SUMMER STRUGGLE in JINGU
日時:2020年8月29日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・明治神宮野球場
観衆:4,710人

▼第4試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合
<第86代チャンピオン>
高橋 ヒロム ×
vs
<チャレンジャー>
石森 太二 〇
13分30秒  Bone Lock
※ヒロムが2度目の防衛に失敗。石森が新チャンピオンとなる

<連続写真でご覧下さい>

石森「ついにヒロムを倒して、このベルトを獲ったぞ。しかし、凄え暑い。凄えな、ヒロムきゅんの執念。あんなさ、肩ぶっ壊れてんのに全然タップしねえんだよ。それだけこのベルトに懸けた想い、それは伝わったよ。今回、あいつの肩の怪我があったかもしんないけど、プロレスにはこうだったとか、怪我してなかったらとか、そういうのはないから。勝負の世界はそんな甘くない。ヒロムきゅんはデッカい夢を、そればっかり追ってないで、もっと地道な現実を見ないとな、クククク(うつむいて含み笑い)。まあ、このベルトはゴールではなく、あくまでスタートだから。これからゆっくり、じっくり、リボーンしていくよ。(立ち上がって)It’s reborn!!」

ヒロム「(イスを蹴飛ばして)敗者にどうもご丁寧にイスまで、マイクまで用意してくれたよ。ありがとうございます。(テーブルにもたれかかりつつマイクを握り)完全に俺の負けだ。何の言い訳もない。散々言われた。ヒロムの肩やべえんじゃねえかとか、本当は首がやばいんじゃないかとか、散々言われてきた。でもな、レスラーは痛めているところを傷めつけてなんぼだ。ちゃんとルールの中、俺は完全にやられ、そして肩が痛いからだとか、首が痛いからだとか、そんなことを言われてかばわれても何もうれしくねえし。悔しいよ。相手の痛いところを狙うなんぞ、レスラー、受け身を覚えてその次に習うことぐらい単純で重要なことだ。その上で俺はキッチリ完全に自分の意志でギブアップしちまったんだ。悔しいけど、石森、お前のほうが強いし、この新日本プロレス、一番強いのはお前だ。だから、俺に見してくれよ。俺から、一番強かった俺から、IWGPジュニアのベルトを奪ったお前のIWGPロード、俺に見してくれ。どれだけこのプロレス界、おもしろくさせるのか、この俺に見してくれ。俺はすぐに獲りに行くからな。それまで持っとけ。
(だんだんテンションが上がって立ち上がり)なあ、俺は諦めねえぞ! 負け続けて這い上がった人生だ! 俺は何度でもやってやるからな! 俺は諦めねえ! 俺はお前からIWGPジュニアのベルトを奪う! それまで俺にキッチリ見してくれ! 完全に俺の負けだ(と言って、マイクを叩きつけて退場)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事