【新日本】鈴木みのるが鷹木との壮絶な消耗戦を制し、NEVER戴冠!<8.29神宮大会>

29日(土)、新日本プロレスは21年ぶりに東京・明治神宮野球場で『SUMMER STRUGGLE in JINGU』を開催した。

21年ぶりの神宮決戦は豪華カードをラインナップし、各タイトルマッチを中心に激闘が繰り広げられた。

第3試合はNEVER無差別級王座戦がマッチメイクされた。

試合は王者 鷹木を前哨戦でも執拗に付け狙った挑戦者 みのるが試合開始から壮絶な打撃戦を展開。

エルボーの打ち合いから場外戦まで激しい戦いとなったが終盤、みのるのスリーパーからのゴッチ式パイルドライバーで終止符を打った。

みのるは自身、二度目のNEVER王座戴冠となった。

D4DJ Groovy Mix Presents SUMMER STRUGGLE in JINGU
日時:2020年8月29日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・明治神宮野球場
観衆:4,710人

▼第3試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合
<第29代チャンピオン>
鷹木 信悟 ×
vs
<チャレンジャー>
鈴木 みのる 〇
14分56秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め
※鷹木が4度目の防衛に失敗。鈴木が新チャンピオンとなる

<連続写真でご覧下さい>

<試合後バックステージコメント>

鈴木「おい鷹木……。鷹木……。ロスインゴなんてチャラチャラしたやつしかいねーのかと思ったら、ちゃんと喧嘩できるじゃねーか。でもな! まだまだクソガキだ。おまえの力じゃ俺の首は獲れねえ。俺とおまえじゃ歩いている場所も違う、道も違う。位置も違ければ高さも違う! そう、おまえは俺の足元歩いてんだ。ただの平民……いやいやいやいや、ただのナメクジ、蛆虫と同じところしかテメーは歩いてねーんだよ。……なんだオラ。さあ、行くか。俺ちょっと用事がある。帰るさ。何もなきゃ帰るさ。次あんだよ。オイ、プロレスの王様はやることが山ほどある。プロレスの世界でな! ハッハ(ニヤリ)。
(※カメラマンを睨みつけ)何でおまえしわ寄せてんだおまえ、オイ! おまえだよ! 何でおまえ(※眉間を指し)ココにしわ寄せてんだオイ! オイ! 何でおまえしわ寄せてんだこの野郎オイ! おまえだおまえだおまえ! おまえちょっと来いよこっちへよ。オイ! 何ここにしわ寄せて気に入らねーのかコラ! 気に入らねーのか!! 俺が勝ったんだ。勝ったのは俺だ。そして強いのも俺だ。仲良く、楽しく、残りの試合やっとけクソガキ共! 根こそぎ貰うぞ」

鷹木「マジか……。言葉が出ない……。言葉が出ねーよ!! (※机を叩き)負けちまえば、内容なんて関係ねーんだ。あいつは、鈴木は鬼の首を獲ったように俺のことどうせ、ボロクソ言ってんだろうな。だからこそ負けたくなかった。(※机を叩き)だがよ、鈴木みのる! 俺たちの喧嘩、こんなもんじゃねーだろ。どっちかが病院送りするまで、どっちかが動けなくなるまでやるんじゃねーのかオイ! 確かに俺は3カウント奪われて負けた! だが俺はこうして動けるぞ。オイ、動けるぞ。これで3カウントはい終わりなんて言わせねーからなオイ! だからこそ俺はあいつに負けたくなかった……。何が何でも負けたくなかった。終わりじゃねーぞ! 俺がこの後行くのは病院じゃねえ。病院なんて行くか! こんな悔しい思いしたらなー、寝れねーからよ。俺はこれから“エニタイムフィットネス”に行って朝までがっちりトレーニングしてやるからな! このままじゃ終わんねーぞ!!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事