大仁田厚が「ファイヤーボール地雷ボード」を開発し9.13広島大会で初披露!電流爆破30周年記念イヤーにさまざまな試合形式を実施じゃ!

“邪道”大仁田厚が電流爆破30周年を記念して、さまざまな爆破の試合形式を開発。その第1弾として「ファイヤーボール地雷ボード」を、ファイヤープロレスの13日、広島マリーナホップ屋外駐車場大会(15時開始)で初お披露目することになった。

90年8月4日、FMWの東京・レールシティ汐留大会で、大仁田はターザン後藤との一騎打ちで日本初の電流爆デスマッチ(ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ)を敢行。その後、地雷ボード、爆破バットなど、さまざまな爆破形式を発案。8月27日、東京・としまえんで開催されたDDT路上電流爆破デスマッチでは、あまりにも危険すぎるため封印されていた爆破ロケットの封印を4年ぶりに解いたばかり。

大仁田は「電流爆破は30周年を迎えました。そのメモリアルイヤーとして、新たにいろんな爆破の試合形式を全国の各都市で披露して、こんな時代だからこそ、みんなに元気を与えていきたいんじゃ。コロナ禍のなかで、屋内会場は規制が多いから、屋外での開催も視野に入れて考えていきたい。第1弾の『ファイヤーボール地雷ボード』は本当にヤバいから。開発したオレも食らいたくない(笑)。誰が落ちるのかな?」とニヤリ。

これまでも、地雷ボードは99年8月28日、新日本プロレス・神宮球場大会でのグレート・ニタVSグレート・ムタ戦などで使用されてきたが、今回の「ファイヤーボール地雷ボード」は、従来のものをパワーアップさせたものだ。

一面のリング下に設置した地雷ボードに落下すると爆破される仕組みだが、注目すべきは火薬量と特殊燃料が装填されたファイヤーボール地雷だ。通常の地雷は爆発することを主にしているが、ファイヤーボール地雷は爆発にプラス、特殊燃料に引火する。これにより、爆破の衝撃と特殊燃料による熱風が落下した選手に容赦なく襲いかかる。爆発の瞬間に巨大なボール状で瞬間的に燃焼し、通常の炎の温度は1200度であるが、この地雷は瞬間的に燃焼させ、2500度以上の高温になるため、かなり危険なアイテムとなる。



この爆破形式の初お披露目となる舞台は、大仁田が16年8月26日に、東京・ディファ有明で旗揚げした「爆破エンターテインメント ファイヤープロレス」の復活興行となる13日の広島大会。試合形式は「電流爆破バット&ファイヤーボール地雷ボード爆破6人タッグデスマッチ」で、対戦カードは、大仁田、HASEGAWA、岡田剛史組VS塚本拓海、谷嵜なおき、デビルマジシャン組。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事