【ガンプロ】10.6 後楽園 HOT JAPANで今成の倍返しなるか?まなせ・彩羽が星の宿命戦!帰ってきた狂犬・梅田公太が岩崎とシングル! 

2016年10月2日…ガンバレ☆プロレス1度目の聖地・後楽園ホール大会では「満員にならなかったらレスラー引退」と代表の大家健が背水の陣を敷いて、当日を迎え、邪道・大仁田厚に認められた伝説の大会に。※結果、満員の会場に大家健は現役続行、結婚と父親になることも報告した。藤田ミノルの元妻・前村早紀との試合も話題となった。

2018年12月16日…ガンプロ2度目の後楽園ホールでは、「ユーチューバー草なぎ」にAbemaTVの企画上とはいえフォール負けした今成夢人が“人生を犠牲にしてプロレスをしている”と語る藤田ミノルに対して「俺は草なぎ剛さんにフォール負けしたA級戦犯だ!A級戦犯の俺を殺しに来てくれ!」と訴えた。

何かが起きるガンプロの後楽園ホール大会…思いがほとばしる3度目の聖地では3つのカードが決定している。

 


灼熱の絆か血より濃い絆か!
大谷晋二郎&今成夢人 vs 石井慧介&入江茂弘

5年前のガンプロ新宿FACE大会で「石井慧介&入江茂弘」組に負けている今成夢人が晋さん(大谷晋二郎)とのZERO1で結成した熱すぎるタッグ・HOT JAPANで「やられたらやり返す、倍返しだ」の精神で5年前の倍返しが叶うのか?

ガンプロで巡り合う星の宿命!
まなせゆうな vs 彩羽匠

両者はプロレスラーとしてのキャリアをスターダムで始めた。彩羽匠は2012年入門の2013年デビュー、一方のまなせゆうなは2013年入門の2014年デビュー。彩羽は憧れる長与千種の設立したMarvelousに移籍。まなせは度重なる怪我から、スターダム退団後にアクトレスガールズ→東京女子→ガンプロと闘う場所を変えながら、レスラーとしてのキャリアを積み上げてきた。まなせにとっては自身の成長を先輩に見せつけるチャンスを得た形だ。成長をどういった形で念願の一戦に昇華できるか?

 

ガンプロの若大将vs帰って来た狂犬!
岩崎孝樹 vs 梅田公太

2014年にDDTの若手組織DNAの旗揚げ戦でデビューした梅田公太は2019年5月にDDT退団を発表。7月の後楽園大会を最後にDDTを退団しフリーとなった。そんな梅田公太の初勝利をあげた相手が同じくDNAで同日にデビューした岩崎孝樹である。2018年にガンプロに移籍した岩崎はキャリアを重ねガンプロの若大将と呼ばれるまでに成長してきた。“とどまり守ってきた若大将”と“飛び出し帰ってきた狂犬”の対決。果たして同日デビューの2人の運命はガンプロのリングでどう交錯するのか?

※ほか数試合予定。

BAD COMMUNICATION 2020
【日時】2020年10月6日(火) 開場17:30 開始18:30
【会場】東京・後楽園ホール

▼ガンプロ後楽園ホール電撃決定の模様はこちらより確認可能

ガンプロ後楽園大会に向けて代表の大家健の鼻息も荒くなってきている。

運命が交錯し思いがほとばしるガンプロの聖地・後楽園ホール大会を楽しみに待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事