【ドラゴンゲート】9.21(月祝)大田区総合体育館大会『DANGEROUS GATE 2020』全対戦カード

ドラゴンゲートは9.21(月祝)大田区総合体育館大会『DANGEROUS GATE 2020』を開催する。

メインイベントの金網 6WAY マッチでは、9.9後楽園ホール大会でのナンバーチャンジ6人タッグマッチで、勝利したビッグR清水が同じR・E・Dで3番のEitaと6番の吉野正人をまさかの交換をしたことにより入場順が①ビッグR清水②KAI③吉野正人④B×Bハルク⑤YAMATO⑥Eitaで行われる。

秋のビッグマッチは全7試合が行われる。

DANGEROUS GATE 2020
9月21日(月祝) 15:00試合開始
東京・大田区総合体育館

《全対戦カード》

【第1試合】
オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合《王者=R・E・D》
石田凱士
vs
《挑戦者=DRAGONGATE》
ヨースケ♡サンタマリア

【第2試合:8人タッグマッチ】
神田裕之
Kagetora
Gamma
ホーホー・ルン
vs
奥田啓介
問題龍
パンチ富永
U-T

【第3試合:6人タッグマッチ】
ウルティモ・ドラゴン
近藤修司
望月成晃
vs
ドン・フジイ
堀口元気
斎藤了

【第試4合:スペシャルシングルマッチ】
《DRAGONGATE》
Kzy
vs
《闘龍門》
土井成樹

【第5試合】
オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合

《王者組=DRAGONGATE》
Ben-K
ストロングマシーン・J
ドラゴン・ダイヤ
vs
《挑戦者組=R・E・D》
吉田隆司
ディアマンテ
KAZMA SAKAMOTO

【第6試合】
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合

《王者組=DRAGONGATE》
箕浦康太
ジェイソン・リー
vs
《挑戦者組=闘龍門》
ドラゴン・キッド
横須賀ススム

【第7試合】
金網6WAYマッチ

吉野正人
vs
YAMATO
vs
KAI
vs
Eita
vs
B×Bハルク
vs
ビッグR清水

《試合形式およびルール》
以下の入場順にて試合は進行される。
※9.9後楽園ホール大会における「ナンバーチェンジ6人タッグマッチ」の結果により、次のとおりの入場順へと変更となった。

①ビッグR清水
②KAI
③吉野正人
④B×Bハルク
⑤YAMATO
⑥Eita

まずは①と②の選手同士によるシングルマッチでスタートし、5分後に③の選手、その4分後には④、続いて3分後に⑤、同じく3分後に⑥の順に試合に参加していく。

※⑥の選手は開始から15分間試合に参加することが出来ないため、後の番号となるに従って自身が試合に参加するタイミングで旗の数が限られるリスクがある。

試合の勝敗については、これまでの金網戦に準じて金網の上部に設置される旗を獲ることによって勝ち抜けとなるが、従来のように試合開始時点より5本の旗を設置するのではなく、まず試合開始時に1本のみを設置、その後は1選手ずつ試合へ参加する毎に1本ずつ追加され、最後となる6番目の選手が金網に入った時点で最終的に計5本の旗が設置されることとなる。

最後まで旗を獲ることが出来なかった選手は敗け残りの敗者となり、それぞれに課されたリスクが執行される。

【各選手リスク一覧】

■Eita

①敗戦の場合はR・E・Dを脱退してDRAGONGATE世代入り

②一番に金網からエスケープ出来なかった場合は、自身の保持するドリームゲート王座の次期防衛戦をDRAGONGATE世代の選手と行う

(※最初にエスケープ出来た場合はノーリスク)

■KAI

①敗戦の場合はDRAGONGATEマットより追放

②最初にエスケープした場合にはR・E・D へ加入

■吉野正人

敗戦の場合
試合後に髪切り(丸坊主)が執行されたうえで土井成樹と引退試合を行い、そのまま引退となる。

■ビッグR清水

敗戦の場合
①R・E・D脱退
②髪型を角刈りに
③リングネームを「リョーツ清水」に改名

■YAMATO

敗戦の場合

①今年一杯、大会開始前のプロレス講座(前説)を担当

②コスチュームを白のブリーフスタイルに、ガウンはバスローブとする

③ヘアスタイルをストレートパーマに。

■B×Bハルク
敗戦の場合
①リングネームを本名の石原輝政に改名
②R・E・Dを脱退し門下生として望月道場へ入門

※上記の他、第0試合として
小舩賢登
vs
H・Y・O
のシングルマッチが行われる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事