【全日本】「2020 Champion Carnival」9月12日(土)愛知・名古屋国際会議場で開幕

 

全日本プロレス「2020 Champion Carnival」が今週9月12日(土)愛知・名古屋国際会議場で開幕する。

全日本プロレスが主催するヘビー級選手によるシングルマッチのリーグ戦として毎年春に開催されることで「春の祭典」「春の本場所」とも呼ばれていたが、今年はコロナ禍の影響を受けた事で日程を延期し、今週末からいよいよスタートの火ぶたが切って落とされる。

10人で争われる「2020 Champion Carnival」はA・Bブロックに分けられ、9月12日に愛知・名古屋国際会議場で開幕し、10月5日東京・後楽園ホールで優勝決定戦を実施する。

「2020 Champion Carnival」

≪出場者≫

【Aブロック】

◆諏訪魔(4年連続15度目の出場/2008年優勝/2006.2012.2015年準優勝/現世界タッグ王者/現三冠ヘビー級王者)

◆ゼウス(7年連続7度目の出場/2016年準優勝)

◆ジェイク・リー(2年連続4度目の出場/2019年準優勝)

◆黒潮“イケメン“二郎(初出場)

◆羆嵐(初出場)

 

【Bブロック】

◆宮原健斗(7年連続7度目の出場/2018年準優勝/2019年優勝)

◆石川修司(4年連続4度目の出場/2017年優勝/現世界タッグ王者)

◆ヨシタツ(3年連続3度目の出場/現GAORA TV王者/現CPI王者)

◆青柳優馬(2年連続2度目の出場)

◆芦野祥太郎(初出場)

 

9月12日(土) ajpwtv LIVE

18:00 試合開始

愛知・名古屋国際会議場

◆対戦カード
2020 Champion Carnival入場式

▼タッグマッチ
岩本煌史
青柳亮生
vs
TAJIRI
フランシスコ・アキラ

▼6人タッグマッチ
大森隆男
ブラックめんそーれ
本田竜輝
vs
ゼウス
イザナギ
UTAMARO

▼タッグマッチ
佐藤光留
田村男児
vs
芦野祥太郎
大森北斗

▼タッグマッチ
岡田佑介
立花誠吾
vs
崔領二
石切

▼2020 Champion Carnival 公式戦 
Aブロック 30分1本勝負
ジェイク・リー
vs
黒潮”イケメン”二郎

▼2020 Champion Carnival 公式戦 
Aブロック 30分1本勝負
諏訪魔
vs
羆嵐

▼2020 Champion Carnival 公式戦 
Bブロック 30分1本勝負
宮原健斗
vs
ヨシタツ

▼2020 Champion Carnival 公式戦 
Bブロック 30分1本勝負
石川修司
vs
青柳優馬

 

【主な記録】(2020年現在)

▼最多出場:15回
川田利明(1991年 – 1998年、2000年 – 2002年、2004年、2005年、2007年、2008年)
諏訪魔(2005年 – 2015年、2017年 – 2020年)

▼連続出場:11大会連続
ジャンボ鶴田(1974年 – 1982年、1991年、1992年)[注 1] 諏訪魔(2005年 – 2015年)

▼最多優勝:7回
ジャイアント馬場(1973年 – 1975年、1977年、1978年、1981年、1982年)

▼連続優勝:3大会連続
ジャイアント馬場(1973年 – 1975年)

▼全勝優勝
ジャンボ鶴田(1991年)
スタン・ハンセン(1992年)

▼三冠ヘビー級王者の優勝
ジャンボ鶴田(1991年)
スタン・ハンセン(1992年)
三沢光晴(1998年)
ベイダー(1999年)
小橋健太(2000年)
天龍源一郎(2001年)
宮原健斗(2019年)

▼外国人選手の優勝
アブドーラ・ザ・ブッチャー(1976年、1979年)
スタン・ハンセン(1992年、1993年)
ベイダー(1999年)
太陽ケア(2006年、2012年)

▼他団体選手の優勝
永田裕志(新日本プロレス)(2011年)
関本大介(大日本プロレス)(2016年)
丸藤正道(プロレスリング・ノア)(2018年)

▼最年少優勝:29歳1か月
ジャンボ鶴田(1980年)

▼デビュー最速優勝:3年5か月
諏訪魔(2008年)

<※Wikipedia参照>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事