【新日本】曲者対極楽固めの場外バトル!パラダイスを上村に外させた矢野がテーピングでSANADAにリングアウト勝ち!9.20 G1 CLIMAX 30 Bブロック開幕戦 in 大阪

曲者対極楽固めはどちらが勝ったのか?
20日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの開幕戦を大阪府立体育会館で開催。2020年のG1でもBブロックの台風の目となるのはやはり矢野通のなのか?開幕戦はSANADA vs 矢野通の対決となった。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月20日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,640人
SANADAは黒とシルバーを基調としたニューコスチュームで入場。矢野通はKOPW2020覇者のトロフィーを誇示しアルコール消毒液をまきながら入場。両ひざにテーピングを仕込んでいるもレフェリーチェックで取り上げられてしまい「マジメにやるぞー」と宣言。
 
しかし試合中にもテーピングを隠していることを見つけて取り上げられてしまう。さらには得意のコーナーマットをはがすも背後からSANADAが飛びつき、ローリングクレイドルwithコーナーマット状態に。
矢野は花道にSANADAを「来いよ」と誘い出すもSANADAはこれに応じず。
コーナーマットを持ったSANADAにもう1枚のコーナーマットを矢野が持ち、コーナーマットでのチャンバラ。
矢野はマンハッタンドロップからむき出しのコーナーにSANADAを打ち付けると「パラダイスやるぞー」とパラダイスロックに挑戦。しかしこれを防がれSANADAの場外プランチャを食らう。
そのまま場外の花道に連れ出され、ここでSANADAが本家パラダイスロックを披露。
場外カウントが数えられる中でヤングライオン上村が矢野を開放するや怒ったSANADAが上村にパラダイスロックを仕掛けに行く。
その隙に矢野はまだ隠し持っていたテーピングで上村とSANADAの足をぐるぐる巻きにして、してやったりのリングアウト勝利。
▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
✖SANADA vs 矢野通〇
6分16秒  リングアウト
やはり矢野のG1は今年も矢野流であった…
上村と必死に足をひきずってリングに戻ろうとするも間に合わず悔しさをにじませるSANADA
 
<バックステージ>

矢野「(※KOPWのトロフィーを持ちながら両手を合わせて)上村くん、堪忍してくれ。今度、おごったげるから。堪忍してくれ。ごめんごめん、ごめん!いやあ、しかし、レフェリーのチェックも厳しい。厳しい!私にとって、こんなにも厳しい、厳しい、『G1』が、『G1』が、始まったぞ! だがしかし、KOPWチャンピオンとして、(トロフィー)保持者として、負けるわけにはいかないのです!」

※SANADAはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事