【新日本】内藤哲也が棚橋を下しG1初戦を心の大合唱でスタート!内藤「他の8試合全敗してでも、今日の内藤戦だけは勝利したかったはずだよ」9.20 G1 CLIMAX 30 Bブロック開幕戦 in 大阪

制御不能なカリスマがエースの復権を許さず好発進だ!
20日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの開幕戦を大阪府立体育会館で開催。メインイベントで新日本隊のエース棚橋弘至と現2冠王者・LIJ(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)内藤哲也がぶつかり合った。
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月20日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,640
 
かつては追われた存在の2冠王・内藤哲也を今は追いかける棚橋弘至の一戦。時代を作ってきた棚橋は怪我やコロナ太りを乗り越えて今一度の自身の時代を取り戻せるのか、それとも2冠覇者として時代をものにした内藤が完全に棚橋を飲み込むのか。内藤は2冠のベルトを引きずりながら白く輝くタキシード姿で登場。
棚橋は古傷のある内藤の足を攻撃。リング上で上から目線キメる内藤にサマーソルトドロップをかけるも内藤は背中を反転させてこれを切り返す。棚橋が場外の柵に内藤を打ち付けても内藤は返す刀ですぐさま反撃。
コーナーでの内藤の得意ムーブを棚橋はキャッチして旋回式で投げ飛ばす。ドラゴンスクリューで内藤の膝を痛めつけるや、トップロープから捨て身のハイフライアタックを敢行する棚橋。さらにロープ際でのドラゴンスクリュー2連発。
棚橋の徹底した攻めをスパインバスターで切り返した内藤はトップロープからの雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。しかしこれを棚橋が切り返すやいなやグラウンドのドラゴンスクリュー、逆回転のドラゴンスクリュー、さらにテキサスクローバーホールドと再度の鬼攻め。逃げる内藤を更に搾り上げ腰を落とす棚橋。
棚橋のダルマ式ジャーマンが決まるとあわや3カウントが入るかと思われた。スリングブレイドをかわし浴びせ蹴りからのスイングDDTでペースを取り戻した内藤はデスティーノを狙うもスリングブレイドで切り返す。棚橋が投げようとするや内藤がカウンターのディスティーノで切り返す。
死力を尽くした両者の戦いは棚橋のドラゴン張り手、内藤の腕を掴んでのバックエルボー乱発で棚橋の腰が落ちる。内藤のグロリア、棚橋はスリングブレイドでフィニッシュへと向かう。
トップロープに昇った棚橋は「立てぇー」と叫んでのハイフライアタックを敢行。
さらにとどめの2発目のハイフライフローを放つもこれを内藤にかわされてしまう。
膝をつく棚橋の背後で舌をなめずりコリエンド式のデスティーノを決める内藤。
張り手、バレンティアからのデスティーノを決めて棚橋を沈めた。
 
▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
✖棚橋弘至 vs 内藤哲也.〇
27分16秒  デスティーノ→片エビ固め
 
試合後、マイクを握った内藤は「大阪2連戦からスタートした今年のG1クライマックス。昨日はAブロック、今日はBブロックの開幕戦。皆さま、新日本プロレスの戦い、G1クライマックスの熱、感じ取っていただけたでしょうか?
 
来週末の神戸大会、そして10月にも大阪大会がありますが、Aブロックの公式戦なんでね、残念ながらBブロックの俺の試合を関西の皆さまにお見せすることができませんが、11月の大阪大会この2本のベルト、そしてG1クライマックスのトロフィーをもって入場することになるでしょう。その時をトランキーロ!焦らずに楽しみにお待ちください。」と話し、「心の中で一緒に叫んで下さい」と前置きしてのデハポン合唱で締めくくった。
<バックステージ>

内藤「(※2本のベルトをフロアに並べて置き、片ヒザを着いて)棚橋はもう、コメント出した? コメント出しましたか? 長いコメントを出しましたか? まあ、彼にとってはさ、この『G1 CLIMAX』の中でも特に、この内藤戦に懸ける意気込みは強かったでしょう。なんなら、他の8試合全敗してでも、今日の内藤戦だけは勝利したかったはずだよ。いろいろ溜まってたでしょう。いっぱい吐き出せばいいよ。たくさんコメント出せばいいよ。ただし、ただし、俺にとっては残念ながらリーグ戦の中の一つ、でしかなかったかな。確かに俺は、棚橋への思い入れはあるよ。もちろんあるけどさ、でも残念ながら、今現在、オレを脅かす存在ではないかな。ま、確かにこのリーグ戦、1敗すれば、2敗までセーフだ、3敗までぎりぎり間に合うんじゃないか、みたいなね、そんな甘い考えは、俺の中ではないよ。すべて勝って、そして優勝決定戦へ進む。そこでも勝って、全勝で優勝することこそ、今、俺に求められてることだし、『G1 CLIMAX』優勝者に求められてることだと思うんでね。まあ、さっきも言ったように残念ながらこの一戦は、俺にとってリーグ戦9試合のうちのひとつ、いやちょっと待てよ、優勝決定戦も含めて10試合の中のひとつにし過ぎないよ。まあ、それでも彼を支持するお客様がたくさんいらっしゃることに関して、素晴らしいと思うよ。棚橋が今まで築き上げてきたものでしょ。素晴らしいと思うよ。まあ、今日の負けにガッカリせずに、また俺を焦らせる存在になってくれよ。(※ゆっくり立ち上がりながら)このままじゃ、ヤングライオンの方がやりがい感じちゃうよ。じゃあ、次は札幌(9.24)でのザック・セイバーJr.戦。ハッキリ言っとくよ、俺にとって一番やりにくい相手だからね。もう棚橋戦のこと、振り返ってるヒマはないよ。ザック・セイバー戦のことについて、考えなきゃいけないんでね。オクパードなんでね。じゃあ、質問ありますか?」

--ハイ。

内藤「残念ながら受け付けるヒマはないな。では、また札幌でお会いしましょう。Adios」

 
棚橋「(※辻の肩を借りて引き揚げてきて、コメントスペースにたどり着くやフロアに大の字になる。大きく息を切らせながら)ああ………………。(※しばらく言葉が出てこない。振り絞るように)初戦に懸けてたよ。初戦に懸けてました。(※上半身を起こし、ヒザを抱え、壁にもたれかかるように座り直して)はあ、言葉がないな。しっかり、『G1』に向けて、ベストなトレーニング、息上げ、体幹、フィジカル、合わせてきた。けど、結果が出ない。あらためて思うのは、努力っていうのはみんなしてる。内藤はきっと、俺以上の努力してたんだと思う。今、こういう状況の中で開催される『G1』。ベルトを持ってる意味。それは俺を、俺の予想をはるかに超える速いスピードで……。ああ、ダメ。初戦だから。まだ公式戦、いっぱい残ってっから。(※立ち上がって)弱気はダメだけど、内藤の背中は遠いな。クソッ……」

--敗れはしましたけど、30分近く闘えたことは収穫だったんじゃないですか?

棚橋「ああ。また古傷やっちゃって。スイングDDTで。下半身に電気が走った。治れ、治れ、治れ……(と思いながら試合を続けてた)。これが『G1』だね。大丈夫。2015年かな、初戦の飯伏戦でも、首ケガしてるから。(※笑顔を見せながら)縁起がいいじゃん。強がり言っときます!(※控室に歩を進めながら、吐き捨てるように)ああ、クソッ……」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事