【プロレスリング・ノア】石森撃沈、大原がGHCジュニア初戴冠 原田が挑戦表明!!

石森撃沈、大原がGHCジュニア初戴冠 原田が挑戦表明

◆第5試合 GHCジュニア・ヘビー級王座決定戦
石森太二● vs 大原はじめ○
18分07秒(ムイビエン)

※大原はじめが第33代選手権者に

 

【試合後リング上】

<大原>「皆さん、ありがとうございました。だけど、皆さんまだノアジュニアに対して不安がありますよね。今年は俺が…バイプレイヤーじゃない、脇役じゃない、ケンオーハラの大原はじめじゃない、新しい大原はじめがこのノアを、ノアジュニアをムイビエンにしていく。だから、またぜひ観に来てください。というわけで、みんなで今日もムイビエン!」

【試合後の大原】

<大原>「日本に帰ってきてもう9年くらい経つのかな。海外でベルトを2本巻いて、アレナメヒコとかで、落ちぶれちまって…やっと結果が出せました」

※原田がコメントブースに現れる

<原田>「おい、チャンピオンになったら休んでる暇はないぞ? 次、このベルトを懸けて俺と勝負や」

※原田は控え室へ

<大原>「原田が来てくれた。嬉しいな。タッグチャンピオンになってベルトを返上するはめになって、原田も色々溜まってると思う。このベルトを巻いて大きな声で『ノアのチャンピオンだ』って言うつもりはないよ。原田を倒してそれから大きな声で『ノアのチャンピオンだ』って言う。だから今は小さな声にしようかな」

―タッグのベルトとは重みが違う?

「やっぱり違うよ。最多防衛記録を持ってる石森太二から、俺からしたら練習生の頃から見ているチャンピオン、ちょっと周りの人とは違う。自分の中でも大きな壁を乗り越えた。これから胸張ってノアジュニアの舵をとって行くよ」

―原田から挑戦表明されたが?

「数は少なくなったかもしれないけど、ノアジュニアは素晴らしいムイビエンなレスラーがいっぱいいるから、原田、過去最高のタイトルマッチにしよう」

―どんなチャンピオンを目指す?

「ムイビエンなチャンピオン。と言うわけで2017年、大原はじめはノアジュニアをムイビエン」

【石森の話】

「いけると思ったんだけどね……完敗だったね。終わってみれば。でも、今日で自分の進むべき道が見えたんで、そこに突き進んでいきたいと思います。見ていれば分かる? そうですね。負けたヤツがペラペラしゃべるのも気が引けるから。興味があったら、また聞きにきて」

 

◆プロレスリング・ノアHPより

http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=9536

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事