【新日本】ゴツゴツ対決を制しジェフ・コブが鷹木信悟から1勝!ジェフ「TOTIがあれば俺は無敵だ!」9.23 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 北海道

肉と肉の激しいぶつかり合いを制したのはジェフ・コブだ!
 
23日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを北海きたえーるで開催。NEVER無差別級のベルトを手にしたパワーファイターであるジェフ・コブと鷹木信悟がぶつかりあった。
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月23日(水) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,961人
スープレックスモンスターと力自慢のドラゴンのぶつかり合い。男らしくゴツゴツとした試合が期待された試合
コブは滝汗状態で試合開始。鷹木の攻撃に岩の様に動かないジェフ・コブ。それをスピードとテクニックも組み合わせて倒しに行く鷹木。
2人ともNEVER王者で1982年産まれの同年代対決。サバ折り状態からフロントにスープレックス。
試合終盤、鷹木はMADE IN JAPANをコブに決める。
バックエルボーを叩きこみ、パンピングボンバーを狙うもロープから戻ってきたところをジャーマンで投げ飛ばし
もうろうとする鷹木信悟をツアー・オブ・ジ・アイランドでフィニッシュ。
ミスターアスレチックスが貴重な勝ち点2を手にした。
 
▼第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇ジェフ・コブ vs 鷹木信悟✖
(1勝1敗=2点) (2敗=0点)
11分44秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め
 
<バックステージ>

ジェフ「よっしゃ! 面白いぞ。互いに一歩も引かずぶつかり合う。これぞ『G1』だ。最高だな! マイク・タイソンの名言を思い出したよ。『誰もが計画を持っている。顔面にパンチを食らうまでは……』ってのをな。シンゴのパンチは強烈だったし効いた! 燃えてきたぞ! 残りのAブロック公式戦、全部楽しみだ。これで1勝1敗。ツアー・オブ・ジ・アイランドがあれば俺は無敵だ! でもやられた方は、もう2度とこのツアーには戻りたくないだろう」

鷹木「(※左のアバラあたりを押さえながら、片ヒザを着いて)ハア……。真っ向から行って、真っ向から潰されたんじゃ、なんも言い訳できねな。ああ、クソーッ! (※アバラのあたりを押さえたまま、フロアにあぐらをかいて座る)この連敗、デケエよ。デケエよ。デカいけど! この前も言ったように、まだ始まったばっかりだ。『G1 CLIMAX 30』、まだ始まったばかりだ。いいじゃねえの、ええ。常に背水の陣。崖っぷちか? その方が鷹木信悟らしく、自分らしく闘えるってもんよ。次は、9.27神戸にて! オスプレイか。あの野郎、体もデカくなって、動きも変わらず、相当パワーアップしてるみたいだな。だが俺はな、この1年間、しっかり……やってきたつもりだ。それを! 神戸で見せてやる。こんなもんじゃ! 鷹木信悟、終わらねえからな」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事