【新日本】オカダが裕二郎に薄氷の勝利でG130の初白星!オカダ「なんとか勝った1勝」9.23 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 北海道

レインメーカーは止まらない!逆襲のオカダが裕二郎を制し勝ち点2をあげた。

23日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを北海きたえーるで開催。オカダ・カズチカと高橋裕二郎が本年2度目の戦いが行われた。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月23日(水) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,961人

場外でのネックブリーカーでオカダを痛めつける。さらに裕二郎はスライディングキックで襲撃。

ナックルやビッグブーツでオカダを追い込む裕二郎

裕二郎は打撃と関節の組み合わせでねちっこくオカダへの攻撃を展開していく

フェイスロックでオカダを締め上げる裕二郎

場外に逃げる裕二郎に珍しいプランチャをみせる

オカダのリバースネックブリーカーを封じてフィッシャーマンズバスター一閃

逆転のドロップキックからツームストンで裕二郎を突き刺す

変型コブラクラッチを噛みつきで回避した裕二郎はインカレスラムの刀を抜き、マイアミシャイン

ビッグブートで裕二郎の勢いを止めるオカダだったが、裕二郎の攻撃は止められない。

フィニッシュの東京ピンプスに向かおうという裕二郎をローリングラリアットで一気に逆転するオカダ。

最後は執念の変型コブラクラッチで裕二郎のタップアウトを奪ってみせた。

▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇オカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎✖
(1勝1敗=2点) (2敗=0点)
12分01秒  変型コブラクラッチ

<バックステージ>

オカダ「ま、『G1 CLIMAX』、1勝目。この1勝に乗って、どんどん勝ち進んでいきたいと言いたいところだけど、まあそういう、このままのオカダ・カズチカでいいんだというような1勝じゃなかったんでね。ま、ほんとに、なんとか勝った1勝というか……。ま、『G1』出るんであれば、それまでにじっくりとオカダ・カズチカの闘い方を知っとくことがほんとはプロなんでしょうけど、やっぱりそれを上回ってくるのが『G1』の闘いだと思いますし。ま、そんなこと言ってられない。一発目、初戦でね、負けてるんで。もう一個も、落とすことできないと思うようなメンバーが、そろってますんで。しっかりと、まだ、しっかりと、オカダ・カズチカ、ちゃんと歩けるような感じではないんでね、優勝への道を。まだ、ふらふらしながら歩いてる。でもそれが、しっかりと芯が定まって歩き始めたら、オカダ・カズチカの強さ、みんな知ってるでしょ。そこまでに……。ま、次はジェイ(ホワイト)ですか。そういう意味では、いい相手なんじゃないかと思います」

裕二郎「(※コメントスペースにたどり着くや座り込んでしまう。立ち上がろうとするもストンと腰が落ち、そのままで言葉を発する。つぶやくように)ああ、クソッ……。クッソッォ。クッソッォ……。あの『G1 CLIMAX』で、あのオカダ・カズチカと、タダの試合じゃない、公式戦をやってるんだ。オカダとよ。『G1 CLIMAX』の、公式戦だよ。てことはよ、ってことはよ、俺は今、脚光を浴びているんだ。そういうことだよ(※ゆっくり立ち上がって控室へ)」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事