【新日本】6年前に勝てなかったKENTAに新ジュースが勝利しUS権利証にアピール!ジュース「ケツから何かが飛び出たぜ。俺が現在トップだ」9.24 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 北海道

今年のジュースは一味違う!KENTAを相手に2勝目をあげて装いを新たにしてから連勝だ。

24日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックを北海きたえーるで開催。装いを新たにしたジュース・ロビンソンとUSヘビー級挑戦権利証保持者のKENTAが対戦した。両者の対戦はWWE時代の6年前以来(前回はKENTAが勝利している)。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月24日(木) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,920人

KENTAはセカンドロープからひざを落としてジュースの首をかる

エグい確度でジュースの顔を絞り上げるKENTA

対角線へのKENTAムーブのドロップキックで弱らせたジュースに追撃のダイビングフットスタンプ

クインキラーでジュースの脳天をマットに突き刺すKENTA

さらに後頭部にヒザを突き刺すKENTA

身長差17cmの不利なエルボー合戦を裏拳2連発で返すKENTA

掌底の連打をジュースの頬に叩きこみペースをつかむKENTA

go2sleepにいこうとしたKENTAをかわしてジュースはナックル一閃

朦朧とするKENTAにパルプフリクションを決めて6年前アメリカ時代に勝てなかった相手にジュースは土をつけた。

▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
〇ジュース・ロビンソン vs KENTA✖
(2勝=4点) (1勝1敗=2点)
17分01秒  パルプフリクション→片エビ固め

試合後、ジュースはUSヘビー級の権利証(ジュースは決定戦に怪我で出場できなかった)を指さしKENTAに猛アピール。果たしてジョン・モクスリーへの挑戦権利証はこの両者の間で争奪戦となるのか?

<バックステージ>

ジュース「ハシヅーメ、今から俺が言うことをよく聞いてくれよ。ふざけて言うんじゃないぞ。KENTAに蹴りを入れられて、ケツから何かが飛び出たぜ。いいか、本気で言ってるんだ。下着をチェックしないと。おなら以上のものが出たと思う。あぁ、クソだよ。それはいいから真剣に話そう。今、俺が『G1』首位じゃないか? イシイとゴトーの得点は俺を上回ってるか? 違うよな。ナイトー、SANADA、EVIL、KENTAはどうだ? 違うよな! SWITCHBLADEは? オカダは? オスプレイは? みんな違う! 俺が現在トップだ! エースよりも! これで2勝、勝ち点は4だ! 今日は最後の最後までどうなるかわからなかった。まぐれで勝てたのかもしれないけど、自分でもよくやったと思う。9月29日、ニジュークのコーラクエンホールの相手はタナハシだ。もういちいち語らなくても、タナハシは俺の尊敬する大センパイで、タッグリーグでパートナーだったこともあるって知ってるよな。タナハシはすごい。さすが100年に1人の逸材って呼ばれてるだけのことはある。もしニュージャパンのリングがジャングルだとしたら、タナハシはセクシーな髪を振り回すタイガーで、俺はその虎を狙う新米の虎ってとこだ。タナハシは超えないといけない壁なんだだ。さて9月29日、どうなるかな。今年の『G1』は特に楽しいな。ハシヅーメもそう思うだろ? 髪を伸ばしてるんだよな? どこまで伸ばすか決めてるのか? ケツに届くまでか? 俺も伸ばしてる途中だ。何か質問はあるか? ないよな。また話過ぎちゃったな」

--ザ・ロード・ウォリアーズのアニマルが亡くなった悲しいニュースを聞きましたか?

ジュース「うん、聞いたよ。彼とは昔、一緒に『リベラ』ステーキハウスのメグロ店で食事した。俺たち、2,000グラムの巨大ステーキを平らげたんだ。彼は家族をとても大事にする素晴らしい人だった。心からご冥福をお祈りします……」


KENTA「(※ぼう然とした表情で引き揚げてきて、コメントスペースにたどり着くなりフロアに片ヒザを着く。そしてビデオカメラの方に顔を向けて)だから誰だよ! 太ってんな、今日は。(いつもの担当者と)違う! 負けたじゃねえかよ! 座れよ(※と言ってフロアにあぐらをかくと、ここから英語で)ジュース……強かったじゃねえか。この借りは絶対に返すからな。いいな。知らないファンもいるだろうから、俺たちの過去について少し話させてもらう。2014年、ジュースと俺は同じ団体に所属してた。そうだ、この業界では世界一の団体だよ。当時のジュースはキャラクターもリングネームもスタイルも今と違った(※当時のリングネームはCJパーカー)。でもあれから数年たって、俺たちはこの新日本プロレスで再会した。正直、正直言わせてもらうと、勝ったとか負けたとか以上に、思い入れのある一戦だった。すごいめぐり合わせだと思う。もう1度言わせてもらうけど、ジュース、今日の借りは絶対に返すからな。まあ、こんなことは重要なことじゃない。お前がどうであろうと、どうなろうと重要なことじゃない。重要なことはというとだな、自分の心にウソをつかず忠実に生きた方がいいってこと。少なくともニュージャパンでは、俺たちにはそうできる自由があるんだから。俺のキャリアやレスリングに文句つけたいなら、そうしろよ。好き勝手言ってろ。そんなのに付き合う気はない。クソくらえだ。お前らがどう思おうと、俺の人生は俺だけのものだ。(※ゆっくり立ち上がって)今日は負けたけど、『G1 CILIMAX 30』はまだ続く。これは俺の『G1 CLIMAX』だから。じゃあ次はトーキョーでな。(※最後にビデオクルーに向かって日本語で)誰?(※と吐き捨てて控室に向かう)」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事