【新日本】内藤がザックを制し札幌にデハポン心の大合唱!内藤「ヤマ場かなと思ってたけどクリアできて順当な勝利」9.24 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 北海道

天敵を時間いっぱいで制して内藤が札幌の地に心の大合唱を轟かせた。

24日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックを北海きたえーるで開催。2冠王の内藤哲也とランカシャースタイルのザック・セイバーJr.がメインイベントに登場した。

過去の対戦でも内藤はザックに敗北しており、関節技を中心としたザックのファイトスタイルには内藤自身も「苦手にしている」と述べている。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月24日(木) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,920人

冒頭からザックの得意とするグラウンドの展開。十字架固めからのジャックナイフと丸め込みの連携をみせるザック

内藤は打撃や得意のムーブを活かした攻撃で対抗。

サブミッションでもザックに対抗する内藤。これをザックは足の反動をいかして回避する。

ザックが三角締めを繰り出せば、プルマブランカも繰り出す内藤。これをも足を絡めて解除するザック

ザックは流れの中から得意のオクトパスストレッチ・卍固めで内藤を締め上げる

さらにグランドオクトパスに移行し右肩・首・左腕を極めていく。多重に張られるザックの関節の罠地獄

ザックが投げをうとうとしたところを内藤がコリエンド式のデスティーノで切り返す。

内藤がとどめの正調デスティーノに移行しようとしたところをザックドライバーで切り返す。

フロントチョークからザックはEVILから勝利を奪ったヨーロピアンクラッチで勝利を狙う

内藤の延髄切りをかわしてジャパニーズレッグロールホールド

最後はカウンターのデスティーノから正調デスティーノを決めた内藤が勝利を収めた。

▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
〇内藤哲也 vs ザック・セイバーJr.✖
(2勝=4点) (1勝1敗=2点)
28分28秒  デスティーノ→片エビ固め

内藤「ブエナスノーチェス、札幌! 昨日はAブロック。そして今日はBブロック。皆様、新日本プロレス、そして『G1 CLIMAX』の熱、感じ取っていただけましたでしょうか?本来は7月に行われる予定だった札幌大会ですが、コロナの影響で中止になってしまいました。7年ぶりに開催するはずだった北海道ツアーもコロナの影響で中止になってしまいました…もう今年は北海道のお客様に内藤哲也のプロレスをお見せることはできないのかなと思ってましたが、今日これだけ沢山のお客様に内藤哲也のプロレスを生で観ていただけてもの凄く嬉しいですよ。今日、北海きたえーるにお集まりいただいた沢山のお客様、グラシアス・アミーゴス」

内藤「まだまだ『G1 CLIMAX』のリーグ戦は続きますが、10月18日の優勝決定戦、ぜひ皆様、この『G1 CLIMAX』の結末を、トランキーロ! 焦らずにそして楽しみにお待ちください。ではでは最後はいつものあれ、でも今日は皆様と一緒に大合唱することはできませんが、ぜひ心の中で一緒に叫んでください。そして次回の札幌大会、また皆様、笑顔でお会いしましょう。新日本プロレス『G1 CLIMAX』札幌大会2連戦、最後の締めはもちろん、BUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木、イ、内藤。ノスオトロス、ロス・インゴベルナ~ブレ~ス!デ・ハ・ポン!」

<バックステージ>

内藤「(※2本のベルトをフロアに並べ、ゆっくりと片ヒザを着き、キャップをかぶり直してから一呼吸を置いて)このBブロック、名前を見たときにね、やっぱりザック・セイバーJr.っていう名前がさ、一番最初に、いや、一番は言いすぎかな、でも一番か二番、かなり早い段階で目についてしまったよ。それぐらいやっぱ、俺にとってスゲエやりづらい相手なんでね。彼の実力、間違いないし、それを知ってるし、そしてやりづらさもある。非常に、今日のリーグ戦は一つヤマ場かなと思ってたけどさ、こうしてクリアできて、まあ終わってみれば、順当な勝利ですか。まあザック・セイバーJr.、強かったよ。なんか……んー、身長は高いけどさ、かれは体重があまりないわけでね。重さだけがすべてじゃないっていうのは、なんか、あたらめて感じさせられたし、それを証明してるザック・セイバーJr.っていう選手、なんか悔しい。さあ次は、(9.29)後楽園ホールでの後藤洋央紀(戦)。どうやら彼は今日、あのSANADAに勝ったらしね?勝ったんでしょ?奇跡ってさ、やっぱ起きるもんだね。たまに、起きるもんだよ。でも、その奇跡ってのはさ、たまにしか起きないから。たまに起きるから奇跡なんであって、いつも起きるようじゃ奇跡じゃない。その奇跡を今日起こしてしまった後藤洋央紀。もうおそらくこの先、彼が奇跡を起こすことはないでしょ。つまり、後楽園ホールでは皆様の予想通り、順当に俺が勝利することでしょう。ま、その先に長岡(10.1)のSANADA戦も待ってるんでね。ここは難なくクリアしたいと思いますよ。でも俺は、いつも言ってるでしょ。『今を大事にできない人間に未来はない』って。だからもちろん、SANADA戦ばっかり目を向けずに、次の後藤戦もしっかり目を向けるよ。目を向けるけど、まあ順当に、予想通り俺が勝つことでしょう。そして俺は、無傷で長岡のSANADA戦に向かわせていただきますよ。(※2本のベルトを手にして立ち上がり)奇跡じゃないというのであれば、後楽園ホールで俺に勝ってみろよ、後藤。まだ時間はあるよ。滝修行でもなんでもしてこいよ、カブロン」

ザック「(※辻とゲイブリエルに両肩を支えられバックステージに戻ってくる。コメントスペースにたどり着くと、フロアに大の字になって後頭部をアイシング。そのままの状態で口を開く)ナイトー……お見事だ、このヤローが。(記者に向かって)なんだ、束になって俺を笑ってんのか?ナイトーを倒してタイトルマッチの権利をゲットするはずだったのに。仕方ない。こうなったら『G1』で優勝するしかないな。沖縄旅行はキャンセルするか。俺がこのクソ『G1』を優勝して、ナイトーのベルトを一つずつ奪ってやる。『POWER STRUGGLE』(11.7大阪)でインターコンチ、トーキョードームでIWGP(ヘビー級)だ(※立ち上がるとふらつく足取りで壁をつたいながら控室に向かう)」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事