【新日本】プロレス王対オリンピアンの試合をみのるが制す!みのる「相手をぶちのめすためだけに生きてんだ」9.27 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 神戸

究極の寝技攻防を含めて試合を制したのはプロレス王だ!
27日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを神戸ワールド記念ホールで開催。鈴木みのるとジェフ・コブが激突した。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月27日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,548人
第24代NEVER無差別級王者ジェフ・コブ対現王者30代NEVER王者の鈴木みのるの対決。序盤はグラウンドの攻防。アテネ五輪グアムのレスリング代表とUWFやパンクラス、プロレス界のど真ん中で鍛えぬいてきた寝技のぶつかり合い。鈴木も高校時代は関東でレスリングの実力者としてならしている。
体格では上回るジェフを余裕の表情で1本とったと上回ったとと笑顔で示したみのる。タランチュラ式腕ひしぎ十字固めで締め付けると得意の場外殺法で痛めつけていく。
ジェフは鈴木の身体を持ち上げてコーナーにぶつけるとジャンピングアッパーにリングに投げつける。
 
鈴木は「オイくそデブ」と挑発しながらエルボーを打ち込む。ジェフコブも負けじとエルボーを放つ。しかしここは笑顔でエルボーを放ち鬼気迫る表情のみのるが打ち勝つ。
しかしロープの反動で帰ってきたみのるを高い打点のドロップキックで反撃するジェフコブ。
ラリアットも体ごとぶつけ、サイドスープレックスをロコモーション式で2連発決めるジェフコブ。
3連発目を狙った腕をみのるに極められかかるが、オクラホマスタンピートで叩きつけ、その場飛びムーンサルトで魅せるジェフコブ。
ジェフ・コブはここをチャンスとツアー・オブ・ジ・アイランドを狙ったがみのるはスリーパーでこれをこらえ、ゴッチ式パイルドライバーで強引にフィニッシュに持っていった。
▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇鈴木みのる vs ジェフ・コブ✖
(2勝1敗=4点) (1勝2敗=2点)
9分24秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め
 
<バックステージ>

鈴木「(記者たちをにらみつけ)なんだ? なんだよ? 勝ったのが悪いかよ。勝ったらお前ら都合が悪いか、鈴木みのるが? 32年もキャリアがある。52歳にもなる。ああなんて凄いんでしょう。そんな奴が勝ったら、お前ら都合崩れるもんな。ああ? 困るもんな、そんな奴な。何をお前らの物差しで、お前らの持っている数字で俺を計ってんだよ。俺はこのためだけに生きてんだ! 相手をぶちのめすためだけに生きてんだ! お前とお前の知ってる数と同じにするな。お前の知ってる歴史と同じにするな。お前の知ってる男だと思うな。俺は鈴木みのるだ。おい、新日本、『G1』、獲るぞ」

※コブは上村の肩を借りて引き揚げてきて、無言のまま控室へ

(写真提供:新日本プロレス)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事