【新日本】飯伏がケンカファイトを制し石井に勝利!飯伏「全部全力でいけるコンディション作ってきてるんで、一切心配はない。棚橋さん、待ってて」9.27 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 神戸

バチバチのケンカを制したのは神になる男・飯伏だ!
 
27日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを神戸ワールド記念ホールで開催。飯伏幸太と石井智宏のケンカマッチが実現した。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月27日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,548人
 
飯伏幸太はG1開幕前に注目の一戦として石井智宏戦をあげていた。一方の石井は開幕2連敗で迎える優勝を狙うにはもう負けられない背水の陣。
石井は飯伏の攻撃に耐えて気合を入れて吠える。飯伏のその場飛びムーンサルトもかわすなどヒートアップ。飯伏も「お前がコイヤ、コラ」と挑発してエルボー合戦に突入。倒れた飯伏に「ドォーシタ?!」と両手をあげる石井。
 
両者の打撃戦はケンカ戦の様相を呈し続ける。飯伏に何度もチョップをうたせてもひるまず一発で飯伏を倒す石井。石井の迫力ある蹴りに何度も倒される飯伏だったが、蹴られる度に目が据わっていく…
 
ラリアットを狙ってロープに走った石井をフランケンシュタイナーで投げ飛ばす飯伏。掌底と蹴りのコンビネーションで石井を倒すと2度目の正直でその場飛びのムーンサルトを今度は決める。
 
飯伏の蹴りと石井の水平チョップ合戦となるも根負けしたのは石井。しかし立ち上がってエルボーを飯伏に打ち込ませるや頭突きで反撃する石井。飯伏はスワンダイブのドロップキックで石井を弾き飛ばすもすぐに立ち上がる石井。今度は石井が投げ飛ばすもすぐに立ち上がる飯伏。
 
フルネルソンで投げるもすぐに立ち上がりあう両者。グランドに寝ころびあっている状況でもそのまま相手の頭を蹴りあう。張り手合戦で立ち上がり「やられたらやり返す」大ビンタ合戦に。
 
飯伏は意識朦朧としながらストレートの掌底を石井の胸に叩きこみ石井は昏倒。
 
飯伏はカミゴェの体勢に入ろうとするもこれを無理やりはねのけ石井は水平チョップをのどに叩きこみ、ラリアットで追撃。これにキレた飯伏はのど元にナックル、ハイキックとエグイ攻撃の連発。さらにシットダウン式ラストライド。
 
 
カミゴェを狙う飯伏にヘッドバットとハイキックで返す石井。
 
 
さらに飯伏の飛びつきフランケンシュタイナーをパワーボムで叩き落とす。ラリアットで飯伏を一回転させると石井は吠える。
 
フィニッシュに向かおうとする石井に飯伏のヒザ。石井は頭突きで飯伏の体勢を崩してスライディングラリアット。
 
垂直落下をオーバーヘッドで切り返し、再度の垂直落下を狙った石井だったが、ここで飯伏が切り返して掟破りの垂直落下式ブレーンバスター。
 
飯伏はヒザのサポーターを下ろしボマイェを狙うもここを石井はカウンターのラリアット。両膝をむき出しにした飯伏はカミゴェを狙うも石井が投げを撃つ。これを足で着地した飯伏はすぐさまボマイェ。
 
 
カミゴェを狙う飯伏にラリアットする石井にぶん殴り式ラリアットの飯伏。最後は飯伏の正調カミゴェが決まって壮絶なケンカ合戦を飯伏が制した。
 
▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇飯伏幸太 vs 石井智宏✖
(2勝1敗=4点) (3敗=0点)
15分41秒  カミゴェ→片エビ固め
 
<バックステージ>


飯伏「(フラフラとした足取りでやって来て)まだね、公式戦……公式戦3試合目ですよ? 今んとこ、全部全力で来てるから。今日も2年ぶりに石井さん、いや石井智宏。何回でも、何回でもやってやるよ! 何回でもやりたいよ! 今日で2勝。まだまだ、まだ大丈夫、絶対。諦めない、本当に。初日も言ったんで。逃げない、負けない、諦めない。負けないは勝敗じゃないから。勝敗も含まれるけど、自分に負けない。自分から逃げない。自分から諦めない。その逃げない、負けない、諦めない。そして最後、必ず裏切らない。なんかありますか?」

──全部全力で最後までもちそうですか?

飯伏「俺、何回やってると思うんですか? 2013から。大丈夫です。僕は『SUPER Jr.』からリーグ戦を経験してきているし、大丈夫。全部全力でいけるコンディション作ってきてるんで、一切心配はない。棚橋さん、待ってて」

 
石井「(ヤングライオンの肩を借りながら)来いよ、飯伏! 来いよ、飯伏!(と叫びながら控室へ)」
 
(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事