【新日本】鷹木が進化したオスプレイを撃破し昨年の借りを返す!鷹木「確かにあいつはモンスター級だ。だがな、俺にも意地とプライドと底力がある」9.27 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 神戸

ザ・ドラゴンが第二の故郷・神戸で昨年の借りを返した!
27日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを神戸ワールド記念ホールで開催。ウィル・オスプレイと鷹木信悟の1年3ヶ月ぶりのがシングル対決が行われた。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月27日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,548人
 
2019年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの優勝決定戦で戦いあった2人のカード。この試合を昨年のベストバウトに上げる人も多い黄金カードだ。
 
 
鷹木信悟はオスプレイに負けるまで新日本のシングルで負けたことはなかった。新日本での初敗北・更に優勝決定戦の借りを鷹木信悟はドラゴンゲートにとってのホーム・神戸で返したい。一方のオスプレイはヘビー級の身体に増量しG1でも連勝。進化をとげたオスプレイはその成果を鷹木に更に刻み込みたい。
 
試合開始当初から陽気にぶつかるオスプレイと己を貫く鷹木の戦いは、鷹木のショルダータックルにもオスプレイは吹っ飛ばされない。勿論オスプレイのタックルにも鷹木は耐える。互いの技の攻防を読み、かわし、決めさせない両者。
 
今度はオスプレイが握手を要望するがこれを鷹木は拒否。ハンドスプリングホイップで場外に鷹木を飛ばしかろやかなムーブをみせるオスプレイ。
 
場外へのオスプレイのプランチャはかわされるも鷹木を鉄柵に投げる。しかし鷹木もデスバレーボムで場外マットにオスプレイを投げつける。
 
 
スタンガン式のDDTを鷹木は浴びせオスプレイの首をしめあげる。オスプレイの首元にエルボーを叩き落とし更にニーを落とし込む鷹木。逆水平チョップ合戦では互いに悶絶、確実に互いに重みを増している。ハンドスプリングから頭部に蹴りを決めるオスプレイ。
 
マンハッタンドロップからダブルチョップを打ち込み、その場飛びのムーンサルトを決めるオスプレイ。鷹木のダッシュを切り返し延髄にキックを返すも鷹木もラリアットでオスプレイを倒し返す。
 
熨斗紙を狙う鷹木に蹴り3連発のオスプレイをドラゴンスクリューの鷹木。鷹木の足4の字は切り返されるもスライディングラリアットを打ち込む。
 
鷹木に背後を取り合い熨斗紙の体勢から更に投げを狙う鷹木だったがここをオスプレイがスタナーで返す。オスプレイはフライング・フォア・アームで鷹木を場外に落とすとサスケスペシャルで追撃。
 
鷹木をコーナーにひっかけて蹴りを入れるとフロム・コーナー・トゥ・コーナーを叩きこむ。
 
さらにブラディサンデーで鷹木を投げ飛ばすとシューティングスタープレス。
 
オスカッターを狙うオスプレイだったが、鷹木は熨斗紙でこれを切り返す。
 
ソル・デ・ハポンをオスプレイに見舞った鷹木は一気呵成の串刺しラリアット。ハンドスプリングで帰ってきたオスプレイをロープに投げ飛ばし、パンピングボンバーを狙う鷹木だったが、これをオスプレイはライガーボムで切り返す。
 
さらにオスカッターも決める。
 
ストームブレイカーを狙うオスプレイだったが、ショートレンジのラリアットでそれを許さない鷹木。鷹木のナックル、オスプレイの蹴り、鷹木はオスプレイの投げをこらえて溜めの効いたMADE IN JAPAN。
 
死力を尽くす両者、鷹木はラスト・オブ・ザ・ドラゴンを狙うもオスプレイはリバースフランケンシュタイナー。ローリングエルボーとヘッドバットがぶつかり合い両者相打ち。
 
リングに這いつくばって頭をぶつけあう両者。オスプレイのエルボーに「まだまだ」と返す鷹木。鷹木のラリアットにオスプレイはスパニッシュフライで返す。切り返しによるカウントの取り合いからオスプレイはローリングエルボー。
 
スーパーオスカッターを狙うも鷹木はこれをしがみつき許さない。逆にトップロープからラリアットで叩き落とすや、雪崩式のとっておきファルコンリーSTAY DREAMを放つ。
 
ラリアットは相打ちとなるも一回転したのはオスプレイ。鷹木は渾身のラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決め神戸の地でオスプレイに雪辱を果たした。
 
 
▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖ウィル・オスプレイ vs 鷹木信悟〇
(2勝1敗=4点) (1勝2敗=2点)
22分03秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
 
 
<バックステージ>

鷹木「おい、オスプレイ! オスプレイ! あんま調子に乗んなよ。確かに俺はベルトもねえ、実績もねえ、何もねえ。だがなぁ!(自分の胸を指し)魂だけは残ってんだ。あいつは身体でかくしてパワーアップしてもスピードが落ちない。おい、化け物か、あいつ。確かにあいつはモンスター級だ。だがな、俺にも意地とプライドと底力があるんだ。この1勝はでかいぞ。2連敗からのこの1勝は。オスプレイは2連勝中だったんだろ? この1勝は分岐点となる。これを機に、一気にAブロックのトップに躍り出てやるからな。これからだ、これから! これからだからな。次は石井のオッサンか。ああ、激烈オヤジ。俺にとっちゃあよぉ、『G1』のGは激烈のGだと思っている。おい、石井! どっちが本当に激烈か、後楽園で決めようじゃねえか。もちろん! 最後に勝つのはこの俺だ」

オスプレイ「(※ゲイブリエルの肩を借りて引き揚げてくるが、コメントスパースにたどり着くや振りほどくようにしてフロアに座り込む)何も言い訳はしない。シンゴ、今日はお前の方が強かった。お見事だ。だけど1敗で、俺の価値は変わらない。今でも俺が世界最高のレスラーだ。今日はほんのちょっとつまずいただけだ。ネコのように、ちょっと傷を舐めたら元どおりだ。ちょっと待ってよ、俺はネコじゃなかった。とにかく、ここから巻き返すだけだ。次はコーラクエンホールか。次の相手もまた面白くなりそうだ。シンゴ、今日はさすがだった。頭がもげるかと思ったくらいだ。これで俺たちの成績は1勝1敗か。いつか決着をつけよう。でも今は、次のコーラクエンホールの闘いに気持ちを切り換えないと。あるところに、若くて才能があるけど世間知らずな若者がいました。彼はニュージャパン・プロレスリングに加入しました。すると彼は怒りに狂ったキーウィ(ニュージーランド人)に変貌してしまいました。ま、ウィル・オスプレイの足元にも及ばないがな。ジェイ、なんでお前が俺にそこまで執着してるのかわからないよ。過去2年、ヘビー級のトップのベルト2つを巻いてきたお前が、なんで俺に固執するんだろうか? もしかして俺に惚れちゃったのか? それなら別に構わないぞ。コーラクエンホールでデートして楽しませてやる。その後でディナーにも連れて行ってやるし。そしてお前にウィル・オスプレイのすごさを、これでもかというぐらい味合わせてやる。俺のレベルで闘わせてやる。最後はもちろんストームブレーカーでトドメを刺すことになるけどな。『G1』優勝は俺のものだ。ジェイ・ホワイト、お前は俺を止められない。誰にもできないんだ。俺はスーパースターだ。俺はウィル・オスプレイ、俺は“レベルが違う”。(※立ち上がって)シンゴ、今日はおめでとう。じゃ、またな」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事