【新日本】オカダが腰攻めのタイチに辛勝!オカダ「強いオカダ、カッコいいオカダ、クソくらえってんだ、この野郎」9.30 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 後楽園

度重なる腰への攻撃をくぐり抜けてレインメーカーが聖帝を締め落した。
 
30日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの4日目を後楽園ホールで開催。タイチとオカダ・カズチカがぶつかりあった。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月30日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人
 
相撲好きで今G1場所の優勝を狙うタイチと1.4以来明け放している覇権を再度奪いに行く為に勝ち星を積み上げたいオカダの一戦。過去のシングル対戦成績は1勝1敗の5分だ。
 
オカダはテーピングを巻いている腰を試合開始冒頭から場外の鉄柵に3度タイチに打ち付けられてしまう。さらに解説席のデスペラードにレフェリーが気を取られている隙にパイプ椅子でタイチはオカダを叩く。さらに鉄柱に叩きつけられたオカダは悶絶。試合序盤は完全なタイチペース。
 
さらにリングに戻してサッカーボールキックからさらに腰を狙って蹴りを落としていく。場外に逃れたオカダだがそれを逃さず腰をリングサイドに2度うちつけるタイチ。
 
タイチは「なんだこいつ?」と言いながらオカダを踏みつける。さらにコーナーにオカダを投げつけ馬鹿にしたように「辞めてもいいぞ?」とオカダを蹴り飛ばしていく。怒ったオカダは立ち上がりエルボーを打ち込むもタイチはスピンキック一閃。
 
オカダは飛び込んでくるタイチをカウンターの蹴り2発で迎撃しエルボースマッシュで逆襲。バックエルボーでタイチを倒し「後楽園!」と叫ぶオカダ。ペースを握ったオカダはガットショットからDDT。
 
変型コブラクラッチを狙うオカダだったがそれは許さないタイチ。コーナーにタイチを座らせての打点の高いドロップキックで場外に蹴り飛ばすオカダ。追いかけるオカダを鉄柵に打ち付けるタイチ。サイドの鉄柵投げはオカダが投げ返し場外マットにタイチの頭をDDTで打ち付ける。
 
手拍子を要求したオカダはリングにタイチを戻すとコーナーに昇りミサイルキックを放つもこれをかわされてしまう。タイチは蹴りを入れるもこれをキャッチされる。ロープに走ったオカダにケブラドーラコンヒーロで腰を痛めつけるタイチ。さらにオカダの足をとって腰を締め上げる。
 
ラストライドを狙うタイチだったがこれをオカダがこらえる。ステップキックでオカダの頭を蹴り上げるもオカダはリバースネックブリーカーで反撃。コーナーにタイチを追い詰めるもかわしたタイチは延髄切り。
 
オカダの逆襲のドロップキックをロープにこらえたタイチはバズソーキック。ロングタイツを脱ぎ捨てて勝負にいくタイチ。
 
天翔十字鳳の構えに入ったタイチだったがここをオカダはドロップキック。オカダのツームストンパイルドライバー狙いをタイチはデンジャラスバックドロップで投げ返す。
 
首をかっきって投げにいったタイチだったがオカダはツームストンパイルドライバーで切り返す。オカダはここで変型コブラクラッチ。タイチは立ち上がりオカダの首を絞めて対抗。逆さ抑え込みでタイチを一回転させたオカダはショートレンジのラリアット。
 
つかんだ手を離さないオカダはさらなる攻撃を狙うもタイチはレフェリーを間にはさみ、レフェリーの目をそらした隙にオカダの急所を蹴り上げる。
 
股間を抑えるオカダにタイチはジャンピングハイキック。天翔十字鳳はオカダに受け止められアッパーカット。タイチのアックスボンバーとオカダのラリアットの攻防はタイチの再度のアックスボンバーが決まる。
 
ブラックメフィストの体勢に入るもこれをするりとかわし変型コブラを狙うオカダ。
 
執拗なコブラにタイチは逃げようとするも目が泳ぎ身体の力が抜けていく。最後はタイチが目を閉じ落ちてオカダカズチカがこだわりの変型コブラクラッチで勝利をあげた。
 
 
▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇オカダ・カズチカ vs タイチ✖
(2勝2敗=4点) (3勝1敗=6点)
17分03秒  レフェリーストップ
 
圧倒的に試合を有利に進めたタイチだったが、最後はオカダが粘り勝った。
 
オカダは2勝2敗の5分に。タイチは今年のG1初黒星となった。
 
<バックステージ>

オカダ「俺にはもう勝つことしかできないから。負けることができないんで。強いオカダ、カッコいいオカダ、クソくらえってんだ、この野郎。これが今のオカダ・カズチカだから。別にこのままボロボロで『G1』制そうなんて思ってないから。みんな知ってるでしょ? オカダがどんなことがあっても立ち上がってきたのを。『G1 CLIMAX』、2回倒れたけど、何回でも立ち上がって、ボロボロのオカダ・カズチカだろうと……でも、こんなんじゃまだまだボロボロのオカダ・カズチカとは言えないよ。まだまだ。とりあえずいい勝ち方ができたんじゃないかなと。まあ、いいっすよ。別にレインメーカーだけじゃないから。他にもカッコいいとこ、強いとこ、たくさんあるから」

※タイチはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事