【新日本】タイチとの反則ファイトの応酬をジェイが制す!ジェイ「お前と闘っていると正直楽しい。ファンを小バカにする態度まで俺に似てる」10.7 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 広島

ゴングと共に両者が場外にでようとけん制するとんでもない対決だ!

7日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの6日目を広島サンプラザホールで開催。BULLETCLUBと鈴木軍というヒールに属するジェイ・ホワイトとタイチが傍若無人な反則ファイトの応酬を繰り広げた。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月7日(水) 16:30開場 18:30開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,230人

タイチはポーズを決めてタイチ式ラスストライドへ

ジェイも負けじと裏投げ

タイチはデンジャラスバックドロップでジェイを叩きつける

試合も終盤、外道に気を獲られたタイチにローブローを見舞うジェイ。しかしタイチはこの腕を捕獲

逆にジェイの急所を激しく蹴り上げる(この前に外道の急所も蹴り上げた)

そのままタイチはタイチ式外道クラッチでスリーカウントを狙う。

※1度目のタイチ式外道クラッチは長時間決めていたが外道がレフェリーを釘付けにして決着がつかなかった。

ブラックメフィストでフィニッシュを狙うタイチだったが…これは決まらず。

タイチのフィニッシュ・天翔十字鳳をジェイが一瞬ブレードランナーで切り返す

返す刀でジェイがタイチを切って落とした。

▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖タイチ vs ジェイ・ホワイト〇
(3勝3敗=6点) (4勝2敗=8点)
15分16秒  ブレードランナー→体固め

<バックステージ>

ジェイ「イスは用意されてるか?(※コメントスペースにすでにイスが2脚用意されているのを見て)サンキュー。(※外道と並んでイスに座り)タイチを見てるとなんとなくナイトーを思い出す。お前と闘っていると正直楽しい。お前も俺と同じように、ファンの意見に囚われないヤツだし、それにファンを小バカにする態度まで俺に似てる。そういう点でお前のことはリスペクトしてるんだよ。お前が負けてくれたおかげで“2020 JAY 1 CLIMAX”、また俺は2点追加。次は誰だった?ン、ユージローじゃないか!休みと同じようなもんだ!これでジェフとタイチから受けたダメージを回復できる。ユージローのことはすごく信頼してるし、アイツは賢いからゲームプランもちゃんとわかってるだろう。ユージローはいつだってチームプレーに徹して忠実に動いてくれる。Bブロックのあいつとはまるで違う。じゃ、氷をもらってきてちょっと休もうかな。ユージロー、また一緒に飲みに行こうぜ。俺たちらしい試合をファンに見せてやろう。TOO SWEETだな」

タイチ「(※コメントスペースにたどり着くや、IWGPタッグベルトをフロアに置き、崩れ落ちるように片ヒザを着いて)クソッ……あんなヤツらの手なんてよ、お見通しのはずなんだよ。クソッ……。やることワンパターンなんだよ、テメエら。わかってんだよ。俺には通用しねぇんだよ。今日は余裕だと思ったんだけど……。でもお前、俺のこと『好きだ』って言ってたらしいじぇねえか。俺のことリスペクトしてんのか?いいぞ、やってやってもいいぞ、一緒に。だけど、まずは俺の付け人からだ。それだったらいいぞ、一緒にやってやっても。それか!外道、テメェも気に入らねぇ。(※ベルトを2度叩いて)テメエとジェイ、外道、お前で来い。来てもいいぞ。(挑戦を)認めてやるよ。ボコボコにしてぇからな。いいぞ、お前ら来ても。な。外道、弱ぇから、簡単に勝てんだろ。(※立ち上がって)はあ、3連敗か。3連敗……3連敗……。いまから部屋帰って、親方と相談する。3連敗……休場もやむなし!」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事