【新日本】鬼の形相のレインメーカーが石井を粉砕!オカダ「俺がG1クライマックシュ覇者にならないといけない」10.13 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 浜松

熱いG1秋の決戦、CHAOS同士の戦いはオカダをも鬼の形相に変えた。

13日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの8日目を浜松アリーナで開催。メインイベントでオカダ・カズチカと石井智宏のCHAOS対決が実現した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月13日(火) 16:30開場 18:30開始
会場:静岡・浜松アリーナ
観衆:1,372人

本来であれば同じユニットの仲間同士爽やかなファイトが展開されてもおかしくないが、そこは男を貫く石井と負けず嫌いのオカダの戦い。激しい読みあいとゴツゴツとしたぶつかり合い、終盤には技のデパート石井の新たな引き出しも出される至極の一戦となった。

オカダの猛攻になりふりかまっていられない石井はコーナーにバックドロップ

オカダのマネークリップにロープブレイクする石井

オカダは再三ドロップキックを放つも何度も石井の鉄壁の如き身体にはじき返された。終盤ついにドロップキックを決める。

しかし石井も負けじと関節技の引き出しを開けて見せる。

オカダの腕をチキンウィングに捉えさらには腕ひしぎ逆十字にまで移行した。

オカダをコーナーから落とすやデンジャラスなニードロップを決めた石井

スライディングラリアットも敢行。こちらも序盤はオカダにかわされたが終盤ビシッと決めて見せた。

オカダは打点の高いドロップキックを決めて見せる。コーナーに石井を載せてのドロップキックを跳ね返された石井の硬さには多くの観客が驚いた。

ローリングラリアットで石井をひっくり返すオカダ

石井も負けじとラリアットでオカダに対抗

最後は石井の手を掴んだままラリアットでオカダが石井を倒し

執念のマネークリップで石井が昏倒。レフェリーストップで試合を決めた。

▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇オカダ・カズチカ vs 石井智宏✖
(6勝2敗=12点) (3勝5敗=6点)
26分13秒  レフェリーストップ

オカダは6勝目で飯伏・ジェイと並んで勝ち点12点。優勝決定戦への望みをつないだ。

オカダ「(オ・カ・ダのリズムで拍手を求めてから)6勝目~!秋ってさこんなに暑かったっけ?声は出せないですけどG1 CLIMAX楽しんでますか~?Aブロックはあと公式戦1つ、そして優勝決定戦。秋が終わるのってこんなに早かったっけ?秋は終わってもまだまだ熱い新日本プロレスは続いていきます!声は出せないですけど皆さんの応援、そして熱さはレスラーにちゃんと伝わってますから、それをしっかりとこんな時代だけれどもプロレスでお返しして…そのためには俺がG1クライマックシュ覇者にならないといけないと思います。なので次皆さんが応援するときはG1クライマックシュ覇者としてお会いしましょう。今日は皆さんありがとうございました!」

<バックステージ>

オカダ「『G1クライマックシュ』ってなんですか? 『G1クライマックシュ』って……、俺が優勝すんのは『G1クライマックス』だから。きついね。まあ、でもこういうきついことがあるからこそ、お客さんも盛り上がって、選手も盛り上がって、凄いハッピーな空間ができると思うんで。まあ、本当に僕は飯伏さんにもジェイにも負けてるんで、勝つしかないし。勝つだけじゃダメだし、他の2人が負けてくれること。まあ、情けないよね、選手としては。勝てば進出というような状態に持っていくのがオカダ・カズチカだと思うんですけど。まあ、でも、情けない姿、今回の『G1クライマックス』でたくさん見せてきたんで、こうやって強いオカダ・カズチカも見せてきて。任せてくださいよ。次はオスプレイ。まあ、何回も兄弟対決だというような感じでやってますけど、もう今のオスプレイとは兄弟対決だと思ってないし、しっかりと強い相手と戦う、そういういうふうに僕は思って、次の試合に臨んでどうしても勝たなきゃいけないんでね。それは向こうだって一緒だと思います。まあ、そういう戦いをお見せできるのが『G1クライマックス』だと思っているんで、あと少ししかないですけど、楽しんでくださいよ。ドンドン楽しくなるのはこれからですよ」

※石井はノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事