【新日本】飯伏幸太がタイチとの160発蹴り合いを制しAブロック突破!飯伏「僕の目標である2連続優勝。必ず成し遂げてみせる」10.16 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 両国

徹底した蹴り合いを制してゴールデンスターが3年連続のG1優勝決定戦に進出だ!

16日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの9日目を両国国技館で開催。G1前までIWGPタッグ王座を巡り抗争を展開してきた飯伏幸太とタイチの一戦が行われた。

飯伏は優勝決定戦をかけて、タイチは千秋楽に勝ち越しをかけての大事な一戦。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月16日(金) 16:30開場 18:30開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,863人

互いに蹴り技を得意とするタイチと飯伏。一歩もひかずにひたすら蹴りのみで決着がついた。

互いに座って背中を蹴らせてどちらの蹴りが強いかを比べ合う両者。完全な意地の張り合いだ。

中盤を過ぎるとあまりに蹴られすぎて互いにまともに立っていられない程のダメージに。

2人の蹴り合いは総回数160発にも及んだ。これ以上ない壮絶な蹴り合いだ。

最後は蹴りを貫き通した飯伏幸太がカミゴェでスリーカウントを奪った。

▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇飯伏幸太 vs タイチ✖
(7勝2敗=14点) (4勝5敗=8点)
17分12秒  カミゴェ→体固め

※飯伏幸太が優勝決定戦進出

タイチは勝ち越しならず。飯伏と言葉をかけあった。

あまりのダメージの深さにヤングライオンに背負ってもらって退場するタイチ

<バックステージ>

飯伏「(※左脚のダメージが深く、壁伝いにゆっくりとインタビュースペースに到着すると、座り込んで左脚に手を当てながら)7勝目。まだでも分かんないから。次の試合で、決まるから。まだ現段階では分からない。とりあえずでも、優勝決定戦、残れる可能性はできたから。それ見て、決めますよ。俺は諦めない、絶対に。最後まで、絶対に諦めない。(※と言って立ち上がろうとするが、左脚の痛みでしばらく静止。何とか立ち上がり、また壁伝いにヨロヨロと控室へ)」

タイチ「(辻におぶられてバックステージに来るも)テメェなにおぶってんだオラッ! 恋人かテメェ(と辻を突き飛ばして横になり)。……もうどこが痛えかわかんねえ。どこが痛えかわかんねえ。クッソ、何やってんだ俺。何やってんだこんなことして。クッソ! 終わったか……。終わったか……。頭狂ってる飯伏おまえはやっぱり、頭おかしいよ。普通じゃねえおまえ……。神にでも何でもなってこいこの野郎、好きに……。勝手にやってろ! ああ痛え……(左足を庇うように雄叫びをあげつつ控室へ)」

 

第6試合終了後、飯伏幸太のAブロック勝ち抜け優勝決定戦進出が決まりコメントを述べた。

飯伏「3年連続、優勝決定戦進出。僕の目標である、2連続優勝。必ず、成し遂げてみせる。明日、誰が上がってくるか、待ってる。絶対に、逃げない、負けない、裏切らないから」

──『G1』2連覇となれば、また神に近づけると思いますが。

飯伏「そうですね。優勝して、僕は、本当の神になります。これは本当に、本当の神に」

──改めて2連覇への意気込みを。

飯伏「気持ちは、絶対に、何年も言ってるけど、諦めない。気持ちを見てもらいたい。今日も気持ちで勝った。これを見てもらいたい。今、こういう状況で、こういう中でプロレスができるということを、俺は諦めないから。諦めなければ、もっともっと、プロレスも広がっていくし、ここで優勝すれば、もっと僕の発言力も上がっていくから」

──タイチ選手と蹴りの応酬になりましたが、足の状況は?

飯伏「関係ないです。ダメージは、正直ありますよ。でもそんなこと言ってられない。明日、誰が来るか分からないけど、その選手もダメージを負うだろうし、条件としては変わらないから」

──優勝を願うファンに向けてひと言。

飯伏「何度も言ってますが、僕は逃げない、負けない、諦めない。そして裏切らない」

──Bブロックは内藤選手、EVIL選手、SANADA選手に可能性が残っていますが、誰と戦いたいというのはありますか?

飯伏「いやもう誰が来てもいいんですけど、うーん……久々に、内藤哲也。このへんはちょっとやってみたいかなと思ってますけどね。その3人、誰でもいいです。ホントに。誰が来ても、対策は練ってあるんで。気持ちです、気持ち。負けない気持ち」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事