【新日本】G1最終戦で鷹木がみのるに勝利!鷹木「勝つには勝ったが、全然満足しねぇな」10.16 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 両国

昇り龍がプロレス王に逆襲の勝利を飾った!

16日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの9日目を両国国技館で開催。神宮球場大会でNEVER無差別級のベルトをかけて戦いあった鷹木信悟と鈴木みのるが最終戦で激しいバトルを展開した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月16日(金) 16:30開場 18:30開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,863人

激しく意地をぶつけ合う2人の戦いはこの日も熱戦に。みのるは鷹木を場外の鉄柵に打ち付けて激しく威嚇

鷹木も負けじとみのるを投げつける

みのるは得意の関節技で鷹木を追い込む

えげつない角度で腕を極めながら鷹木の指まで極めに行くみのる

鷹木のするどいチョップに気合で耐えて見せるみのる

強烈なみのるの張り手が鷹木の顔をゆがめさせる

みのるは一本足頭突きを場外にリング上にと何度も繰り出した。

鷹木も負けじとみのるの頭をつかんでヘッドバットを繰り出す

鷹木の頭を絞り上げるみのる

最後は鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めてNEVER王者のみのるからスリーカウントを奪った。

▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇鷹木信悟 vs 鈴木みのる✖
(4勝5敗=8点) (3勝6敗=6点)
12分29秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

みのるは負けてもベルトを手にしながら舌を出し堂々たる退場。

ベルトを加えたまま不敵な笑みを鷹木にみせつけるみのる

<バックステージ>

鷹木「(※「あー!」「クソ!」「チクショー!」などと叫びながらインタビュースペースへ。手首を押さえながら)クソッ! 最後勝って、“有終の美”か! ふざけんなよオイ! 勝つには勝ったが、全然スッキリしねぇよ! 鈴木の野郎、3つ取られてもニヤニヤしやがって! どんな状態になっても上から目線か、あの野郎! 気に食わねぇ! 勝つには勝ったが、全然満足しねぇな! 神宮の借り? 関係ねぇな! こんな勝ちじゃ、アイツに対して、この感情は収まんねぇよ! 激烈の『G1』! 激烈の秋! 俺の『G1』は終わりかもしれねぇが、正直、秋はまだ終わらせたくねぇ! 秋を! このまま、終わらすつもりはねぇからな!」

※おぼつかない足どりでバックステージに登場して

鈴木「次、誰だあああ! オイ、俺の相手、誰だ! オイ! 『G1』! 俺の次…、次の対戦、相手誰だ……(と言いながら控室へ)」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事