【新日本】棚橋弘至がザックから意地のスリーカウント!棚橋「俺は5カウントまで押さえたから」10.17 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 両国

エースが最終戦で因縁の相手に意地を見せた。
 
 
17日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの9日目を両国国技館で開催。最終戦は棚橋弘至とザックセイバーJr.のタッグベルトを奪われたものと奪ったものの対決となった。
 
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月17日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,917人
 
 
 
試合はザックの得意な関節の取り合いに棚橋が対抗する戦いに。腕を取り合い譲らない両者。ザックは首を足でネックツイストや関節で捉えていく。
 
 
ザックがヨーロピアンクラッチを狙えば棚橋はジャパニーズレッグロールクラッチで対抗。
 
終盤、棚橋のハイフライフローを切り返して丸め込みにきたザックを
 
棚橋は潰して逆に丸め込んでのスリーカウント。棚橋の意地がザックの粘りを上回った。
 
 
▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
〇棚橋弘至 vs ザック・セイバーJr.✖
(4勝5敗=8点) (5勝4敗=10点)
12分01秒  エビ固め
 
ザックは試合後も怒りが収まらず棚橋を攻撃し続けた。
 
<バックステージ>
棚橋「(廊下を隔てた青コーナーのコメントブースで、ザックが暴れている様子を、しばらくじっと見つめてから)ザックはスタミナもあるし、スピードもある。技もキレる。けどな、みんな、みんな忘れてるかもしれないけど、体重がないよ。新日本プロレス、今ヘビー級っていう境目が曖昧になってきているけど、100kg以上がヘビー級というものであるならば、最後の十字を押さえ込んだのも同じ体重だったら、返せたかもしれない。でも、俺は5カウントまで押さえたから。今回、絞った俺が体重の話をするのは一番逆説的でおもしろいんだけど、やはりね、体重1kg違えば戦い方が変わるってね、レスリングの先生にも言われたし、1階級変わればそういうことだと思うから。プロレスの基本的な部分、今まで受け継がれてきた大事な部分は守りつつ、これからの新しい新日本プロレスの形を、引き続き探していきます。そして俺はもう、来年に向けて走り出します!」
 
※毒づきながら、バックステージに登場、自ら手にしたイスを持ち込んで、床に思い切りガンガンガンガン叩きつける。そのあと、仰向けに倒れこんで。
ザック「あれのどこが3カウントなんだ?レフェリーは揃いも揃ってバカばっかりか?クソ!タナハシは何度俺に潰されたら息絶えるんだ?何でまだできるんだ?一体どうやって俺に勝った?(棚橋のコメントが聞こえてきて)あのバカがコメントしてるぞ。もうタナハシは用済みだ。タナハシのクソ野郎……ヘアスプレーとテーピングだけで100万はかけて必死で取り繕ってるんだろ!
 
(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事