【大日本】「最侠タッグトーナメント2020」“大神”橋本大地&神谷英慶が“瞬竜”伊東竜二&勝俣瞬馬を撃破し、2017年以来2度目の優勝を飾る!

©大日本プロレス

大日本プロレスは20日、「最侠タッグトーナメント2020~準決勝&決勝戦」を東京・後楽園ホールで開催した。

まずは準決勝のストロングブロックから勝ち上がったのは大神(オオカミ)の橋本大地&神谷英慶。

そしてデスマッチブロックからは瞬竜(シュンロン)の伊東竜二&勝俣瞬馬が決勝進出となった。

互いに激しい試合を勝ち上がって来たが、決勝は連戦となりさらにハードな展開となった。

最後に激闘を勝ち抜いたのは2017年以来、2度目の優勝となる大神となった。

試合後、神谷はパートナー大地の持つスイトロングヘビー王座への挑戦を表明。

王者、大地も「やろう」と返答、本日の岡林裕二とのストロングヘビー王座防衛した場合にはパートナー対決の可能性が上がって来た。

★10月20日後楽園大会 試合結果

【大会名】「ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020~準決勝&決勝戦」
【日時】2020年10月20日(火)

【会場】東京・後楽園ホール

(観衆)409人

▼メインイベント ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020~決勝戦
ハードコアタッグマッチ 30分1本勝負
橋本大地 神谷英慶〇 vs 伊東竜二 勝俣瞬馬●
21分40秒 バックドロップ→片エビ固め

▼セミファイナル 凶器持ち込み6人タッグデスマッチ 30分1本勝負
藤田ミノル アブドーラ・小林 ドリュー・パーカー● vs 高橋匡哉〇 植木嵩行 佐久田俊行
13分18秒 ジャックハマー→片エビ固め

▼第5試合 有刺鉄線ボードタッグデスマッチ 30分1本勝負
星野勘九郎 石川勇希● vs 塚本拓海〇 関根龍一
10分59秒 高角度逆さ抑え込み

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
関本大介 岡林裕二 兵頭彰● vs 浜 亮太 中之上靖文〇 羆 嵐
11分8秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め

▼第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
青木優也 児玉裕輔● vs 吉野達彦 関札皓太〇
10分16秒 アイアンマン

▼第2試合 ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020
準決勝・第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
野村卓矢● 阿部史典 vs 橋本大地 神谷英慶〇
11分58秒 バックドロップ→片エビ固め

▼オープニングマッチ ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020
準決勝・第1試合 彩色蛍光灯タッグデスマッチ 30分1本勝負
宮本裕向 木髙イサミ● vs 伊東竜二 勝俣瞬馬〇
13分29秒 エビ固め

▼第0試合 タッグマッチ 10分1本勝負
加藤拓歩 佐藤孝亮● vs 河上隆一〇 菊田一美
3分54秒 腕固め

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事