【WWE】中邑&セザーロがタッグ王者を追い詰めるも8人タッグ戦で無念の敗戦

日本時間1024日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 中邑真輔&セザーロがドルフ・ジグラー&ロバート・ルードとタッグを組んで、ケビン・オーエンズ&ダニエル・ブライアン&ストリート・プロフィッツ(モンテズ・フォード&アンジェロ・ドーキンス)と8人タッグ戦で激突した。

ブライアンがオープニングでオーエンズのKOショーにゲスト出演すると、スマックダウンの将来について語った。

オーエンズは「IC王座は毎週防衛戦を行った方がいい」と主張すれば、オーエンズは「俺はタッグ王者になったことがないからブライアンとのタッグはどうだろう?名前はチーム・ヘルKOだ」と妄想を膨らました。

するとそこへジグラー&ルード、スマックダウンタッグ王者ストリート・プロフィッツ、中邑&セザーロが次々に現れると、「俺たちがこれまでタッグ部門を率いてきたんだぞ」と難癖を付けた中邑&セザーロが襲い掛かって乱闘となり8人タッグ戦に発展。

序盤、中邑はオーエンズに痙攣式ストンピング、フォードには「カモーン」とセコンドを挑発しながらニー・ドロップを叩き込んで攻め込んだ。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに中邑はスピンキックからバック・スタバーをドーキンスに決めると、続けてセザーロと連携したジャンピング・ニー&スパイン・バスターを放って追い詰めるも決定打とはならず、最後はフォードが豪快なフロッグ・スプラッシュでセザーロを沈めて3カウント。

中邑&セザーロはタッグ王者と激しい攻防を展開するも8人タッグ戦で無念の敗戦となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事