【DDT】吉村直巳が11.3以降欠場へ。頸椎及び腰椎椎間板ヘルニアの治療に専念

DDTプロレスリングは吉村直巳の11月3日以降の欠場を発表した。リリース内容は下記の通り

吉村直巳選手は頸椎及び腰椎椎間板ヘルニアの治療に専念するため、11月3日大田区総合体育館大会まで参戦し、その後しばらくの期間、欠場することになりました。ファンの皆様にはご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。何卒ご理解の程よろしくお願い致します。吉村選手のコメントは以下の通りです。

「いつも応援していただきありがとうございます。この度、昔から抱えていた腰痛が悪化した事で一度お休みをいただく事にしました。突然の発表になり、ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません。次リングに立つ時は万全の状態で、さらにデカくなって帰ってきます。竹下にも樋口にも上野にも名前挙げ出したらキリないけど、俺が勝つまで俺は終わらんから心配すんなってのは無理かも知れんけど、腐らず応援してくれたら嬉しいな。俺は帰ってくる。その時まで待っててくれや!」

吉村は2016年12月にデビュー。180cm 125kgの重量感のある身体を活かしたプロレスでDDTマットで活躍。同期の上野勇希と組んでいるタッグチーム「ノーチラス」ではKO-Dタッグ王座を戴冠。2020年1月3日に獲得してから7度防衛していたが、2020年10月25日の後楽園ホール大会での「イラプション」とのKO-D6人タッグとの連戦での防衛戦で敗北しベルトを手放したばかり。

26日の会見では「ノーチラスもひと区切りしようかなと思う」と発言するも、上野は「まだまだノーチラスはいける。話し合って決めたい」と話した。

【DDT】前代未聞の2連続タイトル戦で樋口、坂口、赤井の「イラプション」が「DB」との死闘を制し、タッグ&6人タッグの2冠王に!タッグ王座次期挑戦者に田中(将)&入江を逆指名!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事