【アイスリボン】鈴季すずが梅咲遥との10代対決に勝利でICEx∞王座防衛!「このベルトはまだまだ誰にも渡さない」10.31後楽園『Oktober Iceribbon Fest2020』<全試合結果>

アイスリボンは31日、東京・後楽園ホールにて『Oktober Iceribbon Fest2020』を開催した。

メインイベントにて行われた、ICEx∞選手権試合は王者・鈴季すずと挑戦表明をしてチャンスを掴み取った、梅咲遥(ディアナ)の注目の10代対決。

試合は鈴季のコール途中に梅咲が奇襲やエルボーをひるむことなく打ち込むなど激しい展開であったが、最後は鈴季がダブルアームバスターからのジャーマン・スープレックス・ホールドで3カウント奪い2度目の防衛に成功した。

試合後に鈴季は「最初は梅咲のうの字も入ってこないぐらい興味がなかったですけど、今日このベルトかけてて戦って、梅咲遥が大好きになりました。このベルトはまだまだ、まだまだ、誰にも渡さないです。」とマイク。

敗れた梅咲は「4ヶ月したら20歳になっちゃうから、自分が10代の間に絶対あなたから勝ちたいので、NGないんだったら、自分が誕生日を迎えるあと4ヶ月、1ヶ月に2回はシングルさせてください」と直訴した。

これに鈴季は「今日の試合が思ったよりハードだったので、2回はちょっと遠慮しときます。でも、20歳になる前でも、またいつか絶対やりましょう。」と返答すると二人は抱擁してお互いの健闘を称え合った。

その後、藤本つかさより11.16アクトレスガールズとの合同興行にて、鈴季のベルトにアクトレスガールズの誰かが、そしてアクトレスガールズのシングルの防衛戦も行うことを発表した。このベルトには大会開催時点の王者にアイスリボンの誰かが挑戦する。カードは決定次第に発表される。

どちらがメインになるかはファンによる投票で決定することとなった。

そして、第6試合で行われたインターナショナルリボンタッグは、王者組の柊くるみ&宮城もちが3度目の防衛に成功。

また、宇藤家vs正危軍の全面対抗戦となったFantastICE選手権試合は、世羅りさ with オルカ宇藤vs雪妃魔矢 with 尾崎魔弓で行われ、正危軍の攻撃に押され、宇藤が世羅の自爆も含めて急所攻撃を3回をくらう場面もあったが、最後は世羅が椅子の上への羅紗鋏にて雪妃から勝利した。

ベストフレンズの藤本つかさ&中島安里紗vsつくし&安納サオリの感情むき出しの戦いは、藤本が勝利したが試合後もやり合うなどこのままでは終わらない展開になりそうだ。

アイスリボン後楽園大会「Oktober Iceribbon Fest2020」
日時:2020年10月31日(土) 11時30分開始
会場:後楽園ホール

【全試合結果】

第1試合 6人タッグマッチ20分1本勝負
×松屋うの&本間多恵(Beginning)&進垣リナ(2AW)
(9分48秒 片エビ固め)
○トトロさつき&Yappy&真白優希
※動くこと雷霆の如し

前回の後楽園大会から連続でオープニングマッチを務めたのがうの率いる『Joint Army』。コスプレ衣装のまま、試合に臨んだトトロ、Yappy、真白に対して、いつも通りのチームワークと関節技を得意とするユニットならではのムーブで試合を支配していったが、最後はうのの松屋スペシャルをしのいだトトロがカウンターのクロスボディ、カミカゼと畳みかけ、動くこと雷霆の如しで逆転フォール勝ちを奪った。

第2試合 シングルマッチ20分1本勝負
×ラム会長(666)
(7分44秒 片エビ固め)
○藤田あかね
※怨霊クラッチを切り返して

10月18日大阪豊中大会での6人タッグで会長にフォール負けを喫し、リベンジマッチとなった10月25日SKIP大会のタッグマッチでも直接フォールは奪われなかったものの、会長に連敗を喫したあかね。もはや負けの許されない会長とのシングルマッチに臨んだ。

逆に余裕を感じさせる会長は序盤戦、あかねを場外に誘い込もうとし、あかねが場外に降りようとすると、サッとリングに戻るという挑発を繰り返す。しかし、この挑発にもどっしり構えて応戦したあかねはテキサスクローバーで会長を追い込む。

会長も切り返しからのレインメーカー、背後からのドロップキック、619を決め、あかねがアメリカンオレンジドライバーを狙って担ぎ上げたところを高角度前方回転エビ固めで切り返すも、最後はあかねが会長の怨霊クラッチを切り返しての丸め込みでカウント3を奪った。

第3試合 タッグマッチ20分1本勝負
×星ハム子&佐藤綾子(ディアナ)
(9分58秒 グッド・いぶニング)
アジャ・コング(OZアカデミー)&○星いぶき

今年の目標として”打倒、星ハム子”を打ち出したいぶき。対するハム子は「いぶきに負けた時は引退。」と母として、そしてプロレスラーとしての決意を持って、実娘の挑戦を受けて立った。

今回の後楽園大会ではいぶきが最強のパートナーとしてアジャとタッグを結成すれば、ハム子は同じ母親レスラーであり、ディアナのシングル王者である佐藤綾子をパートナーに選んだ。

共に強力なパートナーを得ての親子タッグ対決は、いぶきの奇襲攻撃でスタート。対するハム子は綾子とのダブル攻撃で迎え撃つが、いぶきは必死に応戦し、なんとかアジャにつなぐ。いぶきの思いに応えようと、アジャは綾子、ハム子に猛攻を仕掛ける。

ハム子をバックドロップに決め、フィニッシュを狙う流れを掴んだところで、いぶきがタッチを要求。アジャは「よし!行ってこい!」といぶきのタッチに応じると、いぶきがハム子にダイビングクロスボディ、さらに水平チョップの連打、バッククラッカーと全力の攻め。

アジャのアシストを受けながら、ハム子に対するいぶき。しかし、ハム子もいぶきの動きは十分わかっているだけに、要所要所できっちりと反撃技を決め、いぶきの追撃を許さない。

それでもあきらめずにハム子に向かっていったいぶきは、ハム子のラリアット2連打に追い込まれるも、ここでアジャが一斗缶でハム子の脳天を強打。動きの止まったハム子を最後はいぶきがグッド・いぶニングで丸め込み、遂にカウント3を奪い取った。

〈試合後のリング上〉
いぶき「ハム子から勝ったぞーっ!やっと、やっと今年の目標を達成できました。アジャさん、自分の隣にいてくださって、ありがとうございました(とアジャに頭を下げる)。これで目標を達成して満足している場合じゃない。次の目標はシングルで星ハム子を倒すことだ!(ハム子に向かって)まだまだ親子の抗争は続いていくからな!覚えておけ!アジャさん、お願いします。」

アジャ「いぶき!有言実行、ようやった。今日勝ったのは間違いなくお前だよ。勝ったっていう結果出したのはお前だよ。最高だな、今年の目標を達成できて。でも今、自分でも言った通り、今はサポートも入ったし、次はやっぱりサシの勝負でやらないと。きっちりと親を倒して乗り越えていかないと。

でも親を乗り越えるのって、だいぶ大変だと思うよ。勝ったから乗り越えられるもんじゃないから。なかなかしぶてえぞ、親っていうのはな。うっせえことも言うしさ。でも、言ってくれる人がいるうちが華だということはちょっとだけ頭の隅に置いておきな。

お前がどんどん強くなったら、いろんなことを言ってくれる人は減ってくるけど、たぶんあいつは一生、口うるさく言ってくる。うるせえと思う。でも、それが親の役目で、親っていうのは最終的には、子供にはてめえより幸せに、てめえより上行ってほしいと思ってうるさく言ってる。

だったらきちんとリングの上で見せて、色んな意味で乗り越えて、ただ乗り越えたら先には、今度はお前があいつの面倒をみなきゃいけなくなるからな。そこも頭に入れとけよ。乗り越えると、今度はあれがほしい、これがほしいって、子供よりうるせえこと言うからな。でも、こんな俺でもいまだにうちのおかあちゃんをまだ乗り越えたと思えないぐらいだからさ。

だいぶ大変だと思うけど、でもリングっていうのは勝つ負けるがはっきりしているところだから。次、シングルやって、きっちり結果出しなね。で、ハム子はよ、親心が出ると思うけど、今日負けたっていう事実あるんだからさ、次は対レスラーとして本気でぶっ潰しに行ってみたほうがいいんじゃないの?もうちょっと高い壁でいないと。あっさり乗り越えられたら、お前も何も言えなくなるぞ、たぶん。

まあ、ここまでは俺も一緒に関わらせてもらったけども、ここからはせいぜい親子喧嘩を頑張って続けてください。そしてみんな、この親子喧嘩が最終的などんな結末を迎えるかは、皆さん最後まできっちり、私も皆さんといっしょに見届けますから。一緒に見届けましょうね。とりあえず、今日は勝ったっていう事実があるのは、星いぶきだーっ!」

第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
○藤本つかさ&中島安里紗(SEAdLINNNG)
(17分37秒 ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスホールド)
×つくし&安納サオリ

中島とのベストフレンズでシードリングのタッグ王者に就いた藤本。ベルトを腰に嬉々とする藤本に不満を爆発したのが、ドロップキッカーズとして藤本とタッグを組んでいるつくし。藤本への不満、そしてパートナーを奪った中島への恨みを胸にリングに立ったつくし。

また、つくしのパートナーの安納は中島との初対決を前にしての会見の席で、中島から格下扱いを受けていたこともあり、開始と同時に、つくしが藤本を安納が中島を襲い、場外に落とすと、ベストフレンズの2人をそれぞれフェンスへと叩きつける。しかし、海千山千のベストフレンズはリングに戻るとあっという間に主導権を奪い返すと、連係、合体攻撃をきっちりと決めながら、つくし、安納をじわじわと追い込んでいく。

終盤、つくしが藤本に放った頭突きの音が後楽園中に響き渡る。雪崩式フットスタンプ、ダイビングフットスタンプ、さらに安納のジャーマンからのタイガー・スープレックスを決め、追い込むも、これをしのいだ藤本はつくしのエルボー連打にブチ切れての張り手、顔面踏みつけと猛反撃。最後は安納のミサイルキックをつくしい誤爆させると、安納を中島がけん制する間に、つくしをジャパニーズ・オーシャン・サイクロンに決め、食い下がるつくしを沈めてみせた。

第5試合 FantastICE選手権試合30分1本勝負
○世羅りさ with オルカ宇藤
(18分26秒 片エビ固め)
×雪妃魔矢 with 尾崎魔弓(OZアカデミー)
※椅子の上への羅紗鋏
※初代王者5度目の防衛に成功

世羅のFantastICE王座に挑戦を表明した雪妃真矢の別人格である雪妃魔矢。しかもTLCルールと銘打ったこの一戦は、通常のTLCルール(=テーブル、ラダー、チェアーの使用が認められる試合)とは異なり、魔矢の要求により、Tは助けてくれる人、Lはレザーに変更され、魔矢はT=尾埼魔弓と共に、L=レザー製ムチ、ビトンのバックを持っての入場。

一方の世羅はT=試合では息の合わないオルカ、C=チェアー、そしてL=本人がレザーだと主張する巨大にハリセンを手に登場。アイテム的にはチャンピオン側がやや不安を抱きながらの一戦となった。開始前、レフェリーからベルトを目の前に持ってこられた魔矢は、これを奪うと「かわいーっ!」と言いながら、そのベルトで世羅、オルカに殴り掛かる。

いきなりペースを掴んだ魔矢は、さらにムチ攻撃で世羅を早くも追い込み、ここにチェーンを持った尾埼もリングインし世羅をチェーンで絞め上げ、魔矢が世羅を押さえ込んだところに、尾埼が世羅のすねを狙って、無造作にパイプ椅子と縦に落とす。悶絶しまくりの世羅だが、必死に耐え抜き、オルカとのリバースカンパーナの夫婦競演、さらにオルカの背中を踏み台にしてのダブルニーときっちりと夫婦連係も決まった。

終盤、オルカとの同士討ちもあった世羅だが、そのオルカが魔矢と尾埼の同士討ちを生むと、尾埼を場外に落とし、くぎ付けに。このチャンスに世羅は魔矢にハリセンをフルスイング。最後はパイプ椅子2脚とハリセンを重ねた上に、魔矢を羅紗鋏で叩きつけてのカウント3奪取。

追い込まれながらも、最後は夫婦愛の好連係で勝利をモノにした。試合後、マイクを手にした世羅は「さすが正危軍。夫婦の絆をもってしてもベルトは防衛できたけど、オルカのオルカは防衛できませんでした。ありがとうございました。またやりましょう!」と語った。

第6試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 30分1本勝負
[王者]○柊くるみ&宮城もち
(16分31秒 体固め)
[挑戦者] 山下りな&×尾﨑妹加
※ダイビングボディプレス
※第49代王者3度目の防衛に成功

リボンタッグ王者として勢いに乗っているくるみ&もち。妹加の挑戦に対しても「山下がパートナーならば」という理由でタイトル戦を受諾した。

その後の前哨戦においても妹加を格下扱いしてきた王者チームだが、妹加にも意地がある。10月25日SKIP大会ではくるみとのシングルマッチに勝利し、王座獲りに向けて「山下だけじゃない!」というアピールを示した。そして迎えたタイトル戦、先発に出たもちはここで妹加を指名。

比べを仕掛けてきた妹加に応じようとするところに山下が入り、ダブルのタックルを浴びたもち。しかし、これがもちに火をつけ、妹加に強烈な張り手を叩き込み、ニーを打ち込んでいく。妹加も負けじと応戦し、試合はいきなりもちvs妹加の遺恨が爆発するが、この2人をくるみ、山下がきっちりとフォロー。

試合はタッグ王座戦らしい好試合となった。もち、くるみを妹加が連続アルゼンチン・バックブリーカーに決め、山下がくるみ、もちにダブルラリアットを放ち、妹加をフォロー。くるみにラリアットを決めた妹加はコーナー2段目からのダイビングセントーン、そしてコーナー最上段からのフィニッシュを狙うが、これをもちが妨害。

すぐに山下がもちを蹴散らすも、息を吹き返したくるみが妹加を雪崩式ブレーンバスターで叩きつける。さらにもちがコーナーからアシストする形で妹加にツープラトンの人でなしドライバーを決めたくるみは、リバースの人でなしドライバーを続けて決めると、ダメ押しのダイビングボディプレスでフィニッシュ。王座獲りへの必死の攻めをみせた妹加を沈め、くるみ&もちが王座V3を果たした。

第7試合 ICEx∞選手権試合 30分1本勝負
[王者]○鈴季すず
(12分42秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)
[挑戦者]× 梅咲遥(ディアナ)
※第31代王者2度目の防衛に成功

9月20日後楽園大会でつくしを下し、王座初防衛を果たしたすず。アイスの新世代王者に挑戦を表明したのが、ディアナの次代のエースであり、現タッグ王者でもある梅咲遥。挑戦は快諾したすずだが、梅咲の存在をそれまで意識していなかったことを明言。

この言葉が火をつけたか、前哨戦のタッグ対決は梅咲の2戦2勝。そのうちの1試合はすずから直接、フォールを奪うなど、その存在感をアピールした。結果的にすずを力で振り向かせた梅咲は、この日のタイトルマッチにおいてもコールを受けてコーナーに上がる途中のすずを急襲。いきなりケンカを仕掛けていった。

さらにすずを場外に落としてのダイビングボディアタック、リングに戻してのドロップキック連打、変形のインディアンデスロック、ミサイルキックと畳みかける梅咲。すずとのエルボー合戦でも腰の入ったエルボーを打ち込み、すずの腕を持った状態でのエルボー連打もヒットさせる。

すずも反撃に出るが、梅咲の勢いは止まらない。ブレーンバスター、ネックブリーカー、ラ・マヒストラルでカウント3寸前まで追い込む。しかし、すずは追い込まれながらも、しっかりと試合の流れをみていた。

梅咲にハイキックをヒットさせると、ドルフィンバスターで叩きつけ、最後は満を持してのジャーマン・スープレックス・ホールド。すずは梅咲の攻めをきっちりと受け止めた上で、最後は得意のムーブでチャンピオンらしいフィニッシュで防衛を果たした。

バックステージコメント

鈴季「V2、成功しました~!よかった~!正直、自分もキャリアがまだまだ2年経ってない。向こうも2年経ってない。10代同士の後楽園ホールでのシングルマッチ、タイトルマッチということで、たくさん注目していただいて、自分もプレッシャーというか、ガラにもなくプレッシャーなんて感じちゃったりしたんですけど。今日防衛した相手が、梅咲遥で良かったなって、試合後に本当に心から思いました。あんな梅咲遥、初めて見ました。今まで何度も何度も試合したり、組んだりしたんですけど、あそこまで勢いを出してきて、攻めまくってきて、最後の最後まで諦めずに技を返してくる梅咲遥を見て、本当に、本当に楽しかったです。プロレス界の新しい扉を開いたんじゃないかなという気持ちでいっぱいなので、梅咲遥以外の10代の他団体の選手でも自団体の選手でも、これからこのベルトに挑戦してきてくれる人、受けて立ちます。」

――若い世代と女子プロレスの未来を切り開いていきたいと?

「そうですね。なんだろ、やっぱりどこの団体を見ても10代の選手って数が多いと思うので。若い選手からどんどん盛り上げていきたいですね」

――それがNGなしを掲げる自分の役目だと?

「そうですよ、NGなしって言ってるんだから!NGなしですよ!NGなしだから、言ってしまえば、誰でもこのベルトに挑戦できるということなんですよ。このベルトが欲しいって本気で思ってる人だったら、誰でも挑戦できるってことですよ、NGが無いっていうことなので。NGなしって口に出してるのがまだ色んな所に届いていないと思うので、どんどん発信していって、色んな選手の目に触れたいですね、目をつけて欲しい」

――早速3度目の防衛戦も発表されましたが。

「あっ、そうですよ!さっき初めて聞いてビックリしました!アクトレスガールズさんとの合同興行でアクトレスの誰かが挑戦してくるということですよね?!誰が挑戦してくるんですかねえ?アクトレスガールズさんは選手の数も多いし、対戦したことない選手もまだまだたくさんいるので、なんか、『何が出るかな』みたいな心を持って楽しみにしておきます!でも誰が来ても絶対防衛する自信はあるので!自信満々!」

――戦前に注目ポイントとして挙げられていた梅咲選手のエルボーはいかがでしたか

「エルボーやばいですよ!いや、ちょっと1個だけ言いたいことがあるんですけども、ガウンを新しくしたというか、今日ダウンを作ったんです。チャンピオンになったから。ド派手の、ゴテゴテの、ザ・ジャパニーズっていうガウンを作ってくださいってコスチューム屋さんにお願いして、あんなに素敵なガウンを作っていただいたにもかかわらずアイツ!今思い出した、コールの途中に邪魔してきて、エルボーを打ってきて。自分のガウンを着た写真がネットに上がるかなって楽しみにしてたのに。上がらないのか…。エルボーはマジで効きました。あんなにやり返してくるとは思わなかったです、正直。『あっ、これは勝ちコースだな』と途中でエルボーやってる最中に向こうがヘタっちゃったんで、『勝った!』って思ったんですけど、まさか手引っ張ってまでやり返してくるとは思わなかった。いやぁ、予想外のエルボーで、胸筋を鍛えててよかったですよ。胸筋鍛えていなかったら負けてましたね。それほど、ホントにプロレス界で一番と言っても過言ではないくらいのエルボーを持ってると思うので。でも次やるときにはもっと来てほしいですね。1ヶ月に2回やることになるのかなあ?ヤダな(笑)」

――しかし、去年のすず選手も似たようなことを言っていましたが。

「確かに。言ったかもしれない!やっぱり挑戦者はそういう気持ちになるんですね!自分が言っていたのであれば、当時のチャンピオンはこういう気持ちだったんだなと思いました!1ヶ月に2回でもやりますよNG無いんで!もう向こうがやりたいっていうなら何でもやりますけど!うん、嫌ですけどやりますけど!胸鍛えときます!」


――すず選手とのタイトルマッチはいかがでしたでしょうか?

梅咲「いやぁ、エルボーのやり合いの後半くらいからもう、記憶がなくて。何をどうしていたのか、途中までは自分が優勢で『勝てる』って思ってたのに、最後はジャーマンで取られちゃいました」

――メインイベントで同世代の選手とタイトルマッチを行ったことについて

「やっぱり同世代でタイトルマッチで、後楽園ホールのメインイベントっていうことで、すごい色んな方に、記者の方にも取り上げてくださって、なんか試合が近づくにつれて、最初はいつもの試合と同じくらいの緊張だったんですけど、セミ(ファイナル)くらいのときからずっともう、ドキドキとかが止まらなくて、むしろ緊張するというより何も考えられなくなっちゃいました」

――そんなにキャリアは変わらない相手でしたが、差のようなものは感じましたか?

「うーん、差はやっぱり、負けてるので、感じますね。」

――どの部分が?

「打たれ強さとかでは負けてないなと思うんですけど、なんだろ、スキを突いて大きい技を出すのが、すず選手のほうがまだまだ上だなと感じます」

――これからもすず選手を狙っていきたい?

「はい。絶対勝つまでは!シングルで、勝つまでは絶対追いかけたいと思います」

――最初の頃はすず選手は梅咲選手のことを「興味ない」と言っていましたが、試合後には「大好き!」とまで言っていましたが。

「(笑)なんか突然のラブコールすぎてあんまり追いついてないんですけど、ふふっ(笑)嬉しいですね、そうやって興味なかったものを振り向かせられて、『大好き』って言ってくれたので。でもそれで“チャンチャン”では自分は絶対嫌なので、勝つまで頑張って、勝ってから大好きって言いたいですね、自分は」

――10代のうちに勝ちたい?

「はい。10代のうちに。あともう、自分2月誕生日なので、あと4ヶ月しか無いのですけど、4ヶ月で自分が感じた差をどうやって埋めるか、そしてもう1回シングルが組んでいただけるか、それはもう自分でチャンスを掴みに行くしか無いんですけど、絶対勝ちたいです。10代の間に」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事