【新日本】内藤がEVILを撃破しドームのメインを死守!権利証マッチに勝利したジェイが1.5東京ドームでの二冠戦を要求!!

新日本プロレスは7日、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)でPOWER STRUGGLEを開催した。

メインはIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合、王者である内藤哲也と挑戦者EVILの一戦は今年4度目の対戦。

以前にも大阪でマッチメイクされたカードは荒れに荒れた。

互いに技を読み合い互角の展開を見せるもBULLET CLUBの介入で内藤がピンチに。

そんな中、LOS INGOBERNABLES de JAPONのSANADAが助太刀、更に権利証争奪戦で敗れた飯伏も登場。

リング上は乱戦模様となったが最後は内藤がバレンティアからデスティーノを炸裂させ、見事IWGPダブル王座の初防衛に成功した。

試合後、権利証争奪戦を制したジェイがリング上で内藤に1.5東京ドームでの二冠戦を要求した。

POWER STRUGGLE
日時:2020年11月7日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,834人

▼第6試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合
<第72代IWGPヘビー級&第26代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>
〇内藤 哲也
vs
<チャレンジャー>
דキング・オブ・ダークネス”EVIL
※両王座ともに初防衛戦
33分08秒  デスティーノ→片エビ固め
※内藤がIWGPダブル王座の初防衛に成功

<連続写真でご覧下さい>

▼試合後、リングに上がってジェイがコメント

ジェイ「ナイトー、大丈夫か? 邪魔して悪いな。ナイトー、これでもう、俺とお前の一騎打ちだ。イブシは敗れた。俺の手助けを受けたにもかかわらず、EVILは敗れた。ナイトー、もう一度、俺たちの対決だ。次の舞台はトーキョードーム、1.4、1.5だ。教えてやろう、俺は1.4は休みを取らせてもらう。だからナイトー、お前は好きなようにすればいい。ヤングライオンでも誰でも望む相手と闘えばいい。好きにしろ。俺は1.4は試合をしない。そして2日目、1.5でお前に挑戦する。権利証は俺が持っているからだ。2本のベルトをお前から奪って、IWGP&インターコンチネンタル王者になる。それが俺のデスティーノだ。またこうして、俺たちの運命が再び交じり合う……。
(※入場ゲートに飯伏が姿を現し、花道をゆっくりとリングに向かってくるのを見て)イブシ、お前が出てくる幕じゃない! 権利証はもう俺のものだ! お前は3カウントで俺に負けた。俺のものだ! これはもう俺とナイトーの対決だ、お前には関係ない! なぜ、ここで出てきた? お前にはもう何も残っていない。ベルトはナイトーが、権利証は俺が持っている。でもお前には何もない!」

▼試合後、内藤がリング上でマイクコメント

内藤「皆様、お騒がせしました。申し訳ありません。ではでは、ブエナスノーチェス、大阪! EVILとの今年4度目のシングルマッチ、ここ大阪でもEVILとは2度目のシングルマッチだったわけで、『観たくなければセミファイナル終了後、帰宅してください』と言いましたが、これだけたくさんのお客様が残っていただいたこと、心から感謝いたします。グラシアス、アミーゴス! 年内にもう一回だけ大阪大会があるんですが、『BEST OF THE SUPER Jr.』が開催されるため、内藤哲也は欠場……。
つまり、ここ大阪で内藤哲也のプロレスをお見せできるのは今日が今年最後ということになりますが、また来年、皆様と会場でお会いできるその日を楽しみにしてますよ。ちなみに、俺、来年の大阪大会のスケジュール、じつは知ってるんですよね~(ニヤリ)。いつだと思いますか? いつどこでやると思いますか? じつは……と言いたいんですが、まだ正式発表されてないんで、そこはもちろんトランキーロ、焦らずに発表をお待ちください。
ではでは、最後はいつものアレ、ここ大阪では今年最後の大合唱。今回も皆様と一緒に叫ぶことはできませんが、ぜひぜひ心の中で一緒に叫んでください。新日本プロレス『POWER STRUGGLE』大阪大会、最後の締めはもちろん、BUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木・イ・内藤。ノスオトロス! ロス・インゴベルナブレース! デ! ハ! ポン!」

➡次ページ(バックステージコメント)

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2