【新日本】大波乱!飯伏がジェイとの東京ドームIWGP二冠権利証争奪戦に敗れる!!

新日本プロレスは7日、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)でPOWER STRUGGLEを開催した。

G1 CLIMAX30を制した飯伏幸太に「オマエは真の『G1』覇者じゃない。なぜならオマエは俺に勝っていない」と物言いを付けたジェイ・ホワイトの一戦。

これまでも権利証争奪マッチは過去にも行われたが、チャレンジャーが奪った実績はゼロ。

だからと言って今回も無事にとはならない可能性があると、戦前の飯伏が語っていたがまさかその悪夢のような展開が自身に待ち受けていようとは。

試合は快調に飛ばしていた飯伏が優勢かと思われたが、ジェイもしぶとく反撃する。

互いに持ち味を出し、一進一退の展開となったが外道の横やりに気を削がれるも互いに切り返す。

最後はジェイがレフェリーの死角をつき、往年のリック・フレアーばりのロープに足をかけての逆さ抑え込みで勝利を奪うと同時に、東京ドームでのIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル王座挑戦が決定した。

飯伏は試合後も呆然とし「こんなところで終わっていいのか……? 本当にあり得ない。この現実が……受け入れられない……」とコメント。

ジェイは「宣言通り、これで権利証は、真の勝者である俺のものだ。俺がトーキョードームのメインで、ダブル王座戦に挑戦するんだ!」とコメント。

 

POWER STRUGGLE
日時:2020年11月7日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,834人

▼第5試合 60分1本勝負
東京ドーム・IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル王座挑戦権利証争奪戦
<権利証保持者/G1 CLIMAX 30優勝者>
×飯伏 幸太
vs
<チャレンジャー>
〇ジェイ・ホワイト
18分47秒  逆さ押さえ込み
※ジェイがIWGPダブル王座挑戦権利証を獲得

<連続写真でご覧下さい>

➡次ページ(バックステージコメントを掲載)

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2