【新日本】<11.16小松大会>試合結果▼第4試合『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦 ×デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソン vs 高橋 裕二郎&〇 “キング・オブ・ダークネス”EVIL

新日本プロレスは16日、石川・小松市末広体育館(義経アリーナ)で『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

第4試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月16日(月) 17:30開場 19:00開始
会場:石川・小松市末広体育館(義経アリーナ)
観衆:1,433人

<試合結果>

▼第4試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
×デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソン(1勝1敗=2点)
vs
高橋 裕二郎&〇 “キング・オブ・ダークネス”EVIL(2勝0敗=4点)
12分11秒  EVIL→エビ固め

▼試合後バックステージコメント

裕二郎「今日もよ、EVILと俺の、ビューティフルでよ、クリーンな、連係が決まったよ。これ、マジ……」

※EVILは入れ替わりで東郷が先導する形でコメントスペースに入って来るも、無言のまま立ち去る

 

フィンレー「(※股間を押さえて引き揚げてきて)やられた……。望み通りの結果とはいかなかった。すまない……」

ジュース「(※こちらも股間を押さえながら)何が起こったか見てたよな、ハシヅメ? キ○タマを狙ってきたの、見ただろ? はらわたが煮えくり返ってる。だってあいつら、勝つためならどんな反則だって仕掛けてくる。これでもかというぐらいに。フィンレー、謝らなくていい。でもユーのワイフは、この試合を見てお前のコンディションを心配するだろうな。ワイフのためにも、気をつけないと……」

フィンレー「1勝1敗。(開幕)連勝は無理だった。でも、これで勢いが止まったわけじゃない。まだまだ巻き返せる。また仕切り直しだ」

ジュース「最悪だ。G.o.Dとの一戦はキツかったけど、最後に俺たちが勝った。でも今日は、すんなり勝てると思ってたあいつらに負けてしまった。試合を見てたファンも絶対に俺たちが勝つって思ってたはずだ。でもこれが『WORLD TAG LEAGUE』だ。どのチームにも優勝の可能性がある。どのチームにもな。だから、ここから巻き返していけばいい。ここから勝ち続けばいいだけだ。そうだよな、ハシヅメ? 次はコーラクエンか。今、声を上げることはできないけど、みんなの応援はちゃんと伝わってるよ。それが俺たちを押し上げてくれる。チ○チンハ、ゼンゼンダイジョウブデス。俺のはな、とってもストローーングなんだ。本当だぞ、ハシヅメ! ファイナルのブッダカン目指して突っ走ってくぞ! 俺たちの道は、そこへ続いてるんだ。2連覇を決めて、もう1度トロフィーを手にするんだ。厳しい状況の中だけど最善を尽くして頑張る。俺たちがパンデミックを起こしてやる! 絶対にトーキョードームの舞台に立つんだ! そこでもう1度、IWGPタッグ王者に輝くぞ!(※と言って先に控室へ)」

フィンレー「(ジュースが)全部言ってくれた。『WORLD TAG LEAGUE』2連覇だ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事