【新日本】<11.20後楽園>ケツ出し田口がワトを振切る!田口「1月4日、5日、別に深い意味はありません。挑戦できたらいいなと」

新日本プロレスは20日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第4試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月20日(金) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第4試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
〇田口 隆祐 (2勝1敗=4点)
vs
×マスター・ワト(2勝1敗=4点)
10分22秒  エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

 

田口「(ケツを出したまま現れて)そんな……、2試合続けてありますか?あります?これですよ(と言いながらケツを見せる)。まだ、百歩譲って、ここまでならわかりますよ(と言って、試合コスチュームの下に穿いている赤いサポーターでケツを覆う)。恥ずかしいですけど、ここまでなりますか?(と言って、赤いサポーターをずり下げて、再びケツを見せる。そして前を向くと)。あっ、おお……(と、前面が見えそうになり、慌ててサポーターを上げる)。

まあ、前はあれですけど、ここまでなりますか?ないでしょう。中継入ってんでしょ?パニックですよ。全世界がア〇ルパニックですよ。せっかく真面目に本気モードでって、Tweetしてやって、最後の最後にこれじゃあ、ふざけてると思われても仕方ないですね。結局いつも通りじゃないかみたいな。やられました。あれがマスター・ワトの作戦だと言うなら、私は試合に勝って、勝負に負けたようなもんです。そういうところを狙ってたかもしれないです。レスリング、プロレスというのはやっぱり奥が深いからわからない。彼に真相を聞いてみないとわからない。これはシングルのリーグで言うのもあれですけど、彼とのタッグで今のタッグチャンピオンチームに勝ってるわけですよ。

チャンピオンチームに土をつけている唯一のチーム。田口&マスター・ワト、ワン・オア・エイトですか?シリーズを優勝して、シングルとタッグとダブルで1.4&5ドーム、狙っていきますよ。まあ、僕のコメントの9割は何言ってるかわからないと石森選手が言ってたんで、石森選手の言った通り、今日言った9割は思いつきで言ったと思います。深い意味はありません。1月4日、5日、別に深い意味はありません。挑戦できたらいいなと」

ワト「ああ、クソッ! クソッ! クソッ! でも、俺はまだこの『SUPER Jr.』を諦めてない。次、次狙っていきます(と言って、控室へ向かおうとするが……)」

天山「(突然出てきて)おお、ちょっと待て待て!(と言って、控室に帰ろうとしたワトをバックステージに引き止める)。あんなん負けちゃうぞ。あんなケツ出しやがってな。いやいや、こんなん負けのうちに入らんからね、ハッキリ言って。せっかく押さえ込んだのに。まあ、しょうがない。まあ、次」

ワト「どっちにしろ諦めない」

天山「うん、そうだな。次はデスペやな? あいつ倒したろう。メインやろ?」

ワト「やってやります」

天山「うん、ガッチリ獲れよ!」

ワト「仕留めてやります(と言って、一人で先に控室へ)」

天山「OK!よし行こう!いやあ、今日も本当は獲って、3連勝といきたかったけど、まああんな汚いやり方でね。田口らしいっちゅうか。最後、自分でタイツ下ろしたくせに、あんなの公然わいせつ罪やろ。反則ちゃうの?レフェリーもちゃんと見てないね。まあ、負けは負けで認めっけど、次の公式戦はデスペラードらしいし、しかもメインや。本当にこれはチャンス。しっかりデスペをぐちゃぐちゃにしてな、次の勝利を目指して。楽しみにしとけって! OK!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事