【東京女子】“異能派戦士”ハイパーミサヲが引退を撤回し結婚発表!東京女子史上初の“人妻レスラー”が誕生 11.20 新宿FACE『Style of my love』

青山学院大学文学部出身で、最近は「仕事本」や「週刊朝日」にも寄稿している異能派の文化系女子プロレスラーであるハイパーミサヲが、20日の新宿大会で逆プロポーズを敢行。お相手の一般男性から、さらに逆々プロポーズと婚約指輪を渡されて快諾し、東京女子プロレスでは初となる“人妻レスラー”が誕生した。

ミサヲは当初、スーパー・ササダンゴ・マシンとのシングルマッチが予定されていたが、東京女子では最大規模のビッグマッチとなったTOKYO DOME CITY HALL大会(11月7日)をやり切った上、「デビューから5年というきりのいい年」ということもあり、唐突に引退を発表。さらにササダンゴの提案で恋愛リアリティー番組っぽい企画「ヤメロレッテ」で引退試合を相手を選ぶこととなり、短歌の審査などを経て、辰巳リカに決定。

辰巳との魂のこもった引退試合は、ミサイルヒップを食らってでフォール負けを喫した。

試合後、ミサヲは1年前から会社には20年での引退を告げていたといい、飛躍する東京女子で「自分のようなスタイルはふさわしくないんじゃないか」と悩んでいたが、「引退する年がコロナ禍ですべて止まってしまった」と心境を吐露。

その上で引退を撤回したミサヲは、「引退したら結婚を申し込もうとしていた」として、株式会社サイバーファイトの社員で、DDTプロレスで広報を務める歌代孝正氏を呼び込み、「プロレスラーをやったままで結婚してくれませんか」と逆プロポーズ。これに歌代氏は正式なプロポーズで返答し、婚約指輪を左手薬指にはめた。

バックステージでミサヲは「この決断が正しかったのかよくわからないですけど、これが私の旅。旅の継続も旅の終わりも私が決める」と述べると、「これからは思う存分、結婚ハラスメントでもしたい」と幸せたっぷりに語っていた。

 なお、「世界に愛と平和が訪れるまで無期限の引退撤回」としたミサヲは結婚を機に、これまで非公表としていたプロフィールを公開。身長165センチ、90年1月3日生まれ、O型で、茨城出身と明かした。

Style of my love
【日時】2020年11月20日
【会場】東京・新木場1stRING

▼オープニングマッチ 2vs3ハンディキャップマッチ 20分一本勝負
天満のどか&○愛野ユキ vs らく&猫はるな&宮本もか●
7分42秒 愛と炎のフルネルソン

▼第二試合 20分一本勝負
上福ゆき&○乃蒼ヒカリ&桐生真弥&原宿ぽむ vs 瑞希&渡辺未詩&角田奈穂&舞海魅星●
8分17秒  4の字式回転足折り固め

▼セミファイナル 20分一本勝負
沙希様&○メイ・サン=ミッシェル vs 鈴芽&汐凛セナ●
9分9秒 サン=ミッシェル

▼メインイベント スペシャルサバイバル5WAYマッチ 20分勝負
①○坂崎ユカ&○中島翔子&○山下実優&○辰巳リカ vs 伊藤麻希●
4分31秒 体固め
②○坂崎ユカ&○中島翔子 vs 山下実優●
6分13秒 マルメコミアンズ
③○辰巳リカ vs 坂崎ユカ●
9分7秒 オーバー・ザ・トップロープ
④○辰巳リカ vs 中島翔子●
11分27秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ

▼ハイパーミサヲ引退試合 時間無制限一本勝負
●ハイパーミサヲ vs 辰巳リカ○
8分53秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。その後引退撤回。

(写真提供:東京女子プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事